小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリンビール/布施社長「2019年は、小売業の新規PBはやらない」

商品/2019年01月10日

キリンビールは1月9日、小売業が展開するプライベートブランド(PB)商品への対応として、2019年は新たなPB商品を発売しない方針を明らかにした。

<布施社長>
布施社長

同日、都内で開いた2019年事業方針発表会で、キリンビールの布施孝之社長は、「2018年はPBについて大きく舵を切って、戦略としてPB市場に参入した。PBは戦略なので、ここでさらす必要はないが、2019年は新たなPBはやらない。これ以上、世の中のPBをキリンが取っていくことはしない」と述べた。

2018年のPBの成果については、「PB市場に参入したのは、PBをやることでナショナルブランド(NB)を拡大することが最大の目的だった。昨年は当初のもくろみどおり、PBをやった企業内でのNBシェアは上がる結果となった」と語った。

<トップバリュ バーリアル>
トップバリュ バーリアル

キリンビールは、ファミリーマートのPB商品として2018年4月に発売された、新ジャンル「CLEAR MALT クリアモルト」を製造している。

また、イオングループのPB商品として同年6月に発売された、「トップバリュ バーリアル」シリーズを製造している。

ローソンのPB商品として同年7月に発売された、「ローソンセレクト ゴールドマスター」シリーズを製造している。

2018年は、イオングループがスーパーマーケット事業の再編を発表し、アークス・バローホールディングス・リテールパートナーズの地方有力スーパーが提携を発表するなど食品スーパーの再編が進んでいる。

食品スーパーの再編の影響について、布施社長は、「ECサイトやドラッグストアとの競争激化もあり、食品スーパーが生き残りをかけてM&Aや再編をする動きが起きている。そのため、コンビニも含めた業態ごとのトレンドに注意を払っている。再編の過程で、新たなPBの要請も出てくると思うが、現時点では、PBの拡大は想定していない」と語った。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧