小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン&アイ/チルド飲料「セブンプレミアムカフェラテ」一新

商品/2019年07月12日

セブン&アイ・ホールディングスは7月16日、プライベートブランド「セブンプレミアム」の定番チルド飲料「セブンプレミアムカフェラテ」シリーズをリニューアルし、全国のセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマルなどのグループ約2万1400店(6月末現在)で、順次、発売する。

<カフェラテ240mlと300ml>

「セブンプレミアム カフェラテ」「同ダブルクリーミー」「同ビターショット」各240ml(税込149円)の3アイテムを発売する。主力商品の「カフェラテ」は300ml(181円)も発売する。

リニューアルでは、コーヒー豆の使用量をアップし、従来同様トリプル焙煎で香りやコクを引き出した。味わいに合わせて採用している2種の抽出方法を見直し、苦みを抑えることで、生乳とのバランスが良く、コーヒーの香りが際立つカフェラテに仕上げた。

旧商品と同じ容量で一新するが、旧商品は240ml(各138円)、300ml(170円)で販売しており、11円値上げとなる。

2009年に発売し、2018年9月には、スタイリッシュで鮮度感のあるクリアカップを採用し、更に販売が伸長した大人気商品を一新する。

フタとストローについては、素材の一部にバイオマスプラスチックを配合することで、環境にも配慮した商品とした。

3アイテムとも、香料・乳化剤は不使用。カフェラテは、挽きたての豆をじっくりとネルドリップ抽出し、たっぷりの生乳と合わせた、生乳比率50%の贅沢なカフェラテに仕上げた。

ダブルクリーミーは、ネルドリップ抽出したコーヒーに、生乳と生クリームを加え、クリーミーなミルクの味わいが楽しめるカフェラテで、隠し味にはちみつを加えることで、ミルクの甘い香りが引き立つ仕立てとした。

ビターショットは、シリーズ中、コーヒー豆の使用量を一番高め、エスプレッソ抽出にすることで、コーヒーのビターな味わいを引き出したという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧