小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/ヴィーガン対応「ベジバーグ丼」東京2400店で販売

商品/2020年03月13日

ファミリーマートは3月17日、大豆ミートを使用することで肉を一切使わないハンバーグ丼「ベジバーグ丼」(税込498円)を東京都のファミリーマート約2400店で発売する。

<ベジバーグ丼>
ベジバーグ丼

植物性たんぱく質は、家畜に比べて水や生育に掛かるエネルギーといった環境負荷が少ないなどの理由より、近年、関心が高まっている。特に大豆は畑の肉といわれるほど、植物性タンパク質をはじめとした栄養が豊富に含まれている食材。大豆の加工食品である大豆ミートは、健康・環境への配慮、食に対する多様な文化に配慮された食材として注目を集めている。

「ベジバーグ丼」は、大豆ミートを使用することで肉を一切使わないハンバーグ丼。原料として動物由来の食材(肉、魚、玉子、蜂蜜、乳製品)も一切使用していない。

ファミリーマートとして、初めて日本ベジタリアン協会のヴィーガン推奨マークを取得した商品となる。

大豆ミートを使用したハンバーグは、大きさや形の違う大豆ミートを組み合わせ、ローストオニオンの香りで、ハンバーグの食感やジューシー感や香りを再現した。

ソースは、小麦粉を植物性油脂で焼き上げ、コクのある味わいを表現し、トマト・マッシュルーム・玉ねぎ・人参等の野菜の旨味を活かしたコクと深みのある味に仕上げている。付け合わせとして人参の甘煮、焼いたカボチャ・赤ピーマンなどの緑黄色野菜を添えた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧