小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本ハム/ブランド肉を使用「大麦牛ビーフカレー」

日本ハムは2月1日、「大麦牛ビーフカレー」、「麦小町ポークカレー」を発売する。

<大麦牛ビーフカレー、麦小町ポークカレー>
大麦牛ビーフカレー、麦小町ポークカレー

レトルトカレー市場は2011年3月以降の震災ストック需要、2014年3月の増税前駆け込み需要など、特需を繰り返しながらベースアップしている。

また、メリハリ型消費・こだわり消費増大の中で、高価格帯商品がこの5年間で伸長しており、市場好調を牽引しているという。

このような市場動向より、日本ハムならではのブランド肉を使用し、ルウにも肉をとろけるまで煮込んでコクを出した、こだわりの高付加価値商品を投入する。

「大麦牛ビーフカレー」は、ニッポンハムグループ直営農場で育てた柔らかさが特長のオーストラリア産「大麦牛」使用。

すりおろしたまねぎ、にんじんなどを使用し、とろけるまで牛肉を煮込んでコクを出したカレー。

「麦小町ポークカレー」は、麦類、ハーブなどの植物性主体の飼料で育てられた国産豚肉「麦小町」使用。

すりおろしたまねぎ、にんじんなどを使用し、とろけるまで豚肉を煮込んで味に深みを出したという。

それぞれ内容量は170g(1人前)、希望小売価格が300円(税別)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧