メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤッホーブルーイング/初の輸出専用品「SORRY UMAMI-IPA」を米国で発売

2016年06月02日商品

ヤッホーブルーイングは7月、初となる輸出専用製品「SORRY UMAMI-IPA」をアメリカ国内のスーパーマーケットやボトルショップ、レストランで発売開始する。

<SORRY UMAMI-IPA>
SORRY UMAMI-IPA

クラフトビール先進国アメリカで、ジャパニーズクラフトビールをアピールするため「日本らしさ」にこだわる、日本独特の素材「かつおぶし」を採用。

かつおぶし由来のうま味成分(アミノ酸)が、個性的で華やかなアロマをつくり出す。

さらに、ドイツ産の新種のホップを積極的に使用することで、桃や熟したブドウなど数種類の果実香が複雑に絡み合う、ユニークなビールに仕上げたという。

パッケージは、日本らしさを全面にアピールするため、傾奇者(カブキモノ)のモチーフと、日本画をイメージした荒々しい波のデザインを採用した。

ヤッホーブルーイングではこれまでも10か国以上に輸出を行っており、中でもアメリカは最大の輸出先となっていた。

今期のアメリカ向け輸出は前期比200%を見込んでいる。

同商品の発売を皮切りに看板製品「よなよなエール」をはじめ、既存製品の海外での販売をさらに強化し、輸出事業の拡大に取り組んいく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方