メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

総務省/1人あたり一律10万円給付「特別定額給付金(仮称)」概要発表

2020年04月21日行政

総務省は4月20日、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策の一つとして、国民1人あたり一律10万円を給付する特別定額給付金(仮称)の概要を発表した。高市早苗総務大臣が、同日、夕方の記者会見で概要を説明した。

給付対象者は、基準日(4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者で、受給権者は、その者の属する世帯の世帯主。

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は郵送申請かオンライン申請のみで行う。給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。

実施主体は市区町村で、実施に要する経費(給付事業費及び事務費)については、国が100%補助する。

受付及び給付開始日は、市区町村において決定する。緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする。

「郵送申請方式」「オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定可能で、申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3カ月以内とする。

事業費の総額は12兆8802億9300万円、内訳は給付事業費12兆7344億1400万円、事務費1458億7900万円。

特別定額給付金(仮称)の概要

特別定額給付金(仮称)事業の実施について

特別定額給付金(仮称)事業に係る留意事項について

2020年4月20日高市総務大臣閣議後記者会見の概要

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方