小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン-イレブン/クレジット決済のセキュリティ強化、新システム導入

セブン&アイ・ホールディングスは、日本カードネットワークが提供する「クラウド型マルチ決済サービス CARDNET-Cloudサービス(以下:CARDNET-Cloud)」を利用し、クレジット決済システムのセキュリティ強化を図る。

<非保持化対応前の構成>
非保持化対応前の構成

2018年6月に施行された割賦販売法の一部を改正する法律(以下:改正割賦販売法)のクレジットカード情報保護の一環として導入した。

<非保持化対応後の構成>
非保持化対応後の構成

セブン&アイの事業会社が運営する全国の店舗のクレジットカード決済について、ジェーシービーの関連会社である日本カードネットワークの「CARDNET-Cloud」を利用し、クレジット決済システムのセキュリティを高める。

これまでPOS内蔵型クレジット端末で決済を行っていたクレジットカード加盟店は、2018年に施行された改正割賦販売法により、2020年3月までにクレジットカード情報の非保持化、PCIDSSの準拠など、POSレジを含めた店舗・本部システム全体のセキュリティ強化に向けた対策が必要になる。

この対策に向けて、10月から国内のセブン-イレブン(約2万店舗)、2019年4月よりイトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ヨークマート、セブン&アイ・フードシステムズ(約1000店舗))へ順次、CARDNET-Cloud の導入を行う。

これにより、セブン&アイHDは、国内大手流通企業では初となるPCI P2PEソリューション準拠、トークナイゼーションサービス(会員番号とは別の番号を払い出し、当該トークンを利用すること)によりクレジットカード情報の非保持化対応を実現する。

これまでPOSシステム内で行っていたクレジットカード判定処理(ポイント付与や値引き)を上流の「CARDNET-Cloud」で行うことにより、クレジットカード情報の非保持化を実現し、安全性を高めていく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧