小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/スマホ充電バッテリーのシェアリングサービス開始

イオンリテールが提供するイオンモバイルは12月26日、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」内の「イオンモバイル」とイオンモバイル八重洲、約170店で、スマートフォンのモバイルバッテリーシェアリングサービスを開始した。

<モバイルシェアリングサービスの利用イメージ>
モバイルシェアリングサービスの利用イメージ

店舗に設置されたINFORICHの専用機器「バッテリースタンド」からバッテリーを受け取り、使用後は好きな店舗に返すことができる、スマートフォンのモバイルバッテリーシェアリングサービスを提供するもの。

「ChargeSPOT(チャージスポット)」専用アプリをダウンロード後、設置店の「バッテリースタンド」に表示されているQRコードをアプリで読み取り、バッテリーを借りることができる。

利用料金は、1時間以内の利用で税込108円、以降48時間以内の利用でプラス税込108円。

端末保証代金は2139円で、48時間以内に返却されなかった場合は返金されず、以降は自分のバッテリーとして使用できる。

返却場所は、借りた店舗のほか、コンビニなど「イオン」以外の「バッテリースタンド」設置店でも返却できる。

スマートフォンは日常生活に欠かせないツールになっており、外出時にバッテリーが切れたときや、災害時への備えとして、モバイルバッテリーを持ち歩く人が多いと言われている。

一方で、「荷物を少なくしたい」「バッテリーの充電を忘れてしまう」という声のほか、「スマホを預けることなく買い物をしたい」という声もある。

こうした中イオンモバイルでは、バッテリーを必要なときだけ持ち出せていつでも気軽に充電ができることで、イオンで買い物するお客の利便性向上につなげたいという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧