流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ミニストップ/スマホ決済「イオンペイ」導入

2021年12月03日 11:30 / IT・システム

ミニストップは12月3日、イオングループの提供するスマートフォン決済サービス「AEON Pay(イオンペイ)」を導入した。

<AEON Pay>
AEON Pay

ミニストップでは、顧客の利便性や店舗のオペレーション軽減、防犯などの観点から「キャッシュレス」を推進。現金決済以外にクレジットカード、電子マネー、UnionPayカード(クレジットカード・デビットカード)、バーコード決済を取り入れている。スマートフォンを活用したバーコード決済サービスは、2018年12月より導入を始め、今回の「AEON Pay」で、13種目のサービス導入となる。

「AEON Pay」(イオンペイ)は、2021年9月1日より開始しているイオンのトータルアプリ「iAEON」(アイイオン)をダウンロードし、イオンマークのついたクレジットカードやデビットカードを登録することで、利用できる。

全国のグループ店舗(一部店舗を除く)のレジにて、スマートフォンに表示されたバーコードを提示すると、簡単にレジ決済可能。決済時のポイントは、200円(税込)=2WAON POINTとなる(通常200円(税込)=1WAON POINTだが、ミニストップ含め、イオングループの対象店舗での支払時にはいつでも2倍が適用される)。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧