小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

外食市場/4月は14億円増の3426億円、4カ月ぶりにプラスに

月次/2019年06月05日

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は6月4日、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする2019年4月度の「外食市場調査」を発表した。

<外食市場規模の推移>
外食市場規模の推移
出典:外食市場調査(2019年4月度)

調査によると、4月の外食市場規模は、3圏域合計で3426億円。前年同月比14億円増で、4カ月ぶりに前年を上回った。4月としては2013年の調査開始以来、過去最高額となった。

外食実施率は前年割れしたが、外食頻度と単価が3カ月連続の前年割れから回復し、特に外食単価は、4月としては過去最高値だった。

4月はGWの10連休の前半があったが、前年に比べて土・日・祝日の合計日数は同じで、10連休の影響は来月に持ち越された可能性が高い。

天候については、首都圏は前年よりやや雨の日数が多く、関西圏では逆に少なかった。外食市場規模もこれに沿った増減となっており、どちらかというと市場は天候に影響を受けた可能性がありそうだ。

外食実施率は76.5% (前月比0.7pt減、前年比増減0.1pt減)、外食頻度は4.18回/月 (前月比増減0.17回減、前年比0.01回増)、外食単価は2604円 (前月比35円減、前年比23円増)、外食市場規模は 3426億円 (前月比242億円減、前年比14億円増)となった。

エリア別で見ると、外食実施率は、首都圏76.1%(前年比0.8pt減)、関西圏77.9%(1.2pt増)、東海圏75.8%(0.5pt増)。

外食頻度は、首都圏4.40回/月(0.02回減)、関西圏4.03回/月(0.11回増)、東海圏3.66回/月(0.02回増)。

外食単価は、首都圏2660円(27円増)、関西圏2666円(35円増)、東海圏2226円(18円減)。

外食市場規模は、首都圏2095億円(22億円減)、関西圏944億円(38億円増)、東海圏388億円(1億円減)だった。

業態別の市場規模は、「居酒屋」(39億円減)、「バー、バル、ワインバー、ビアホール、パブ」(20億円減)、「フレンチ・イタリアン料理店」(13億円減)等主要16業態中8業態で前年を下回った。

調査での「外食」は、夕方以降の食事について、お店で食事した場合を対象とした。飲酒のみ、喫茶のみの場合も含まれ、夕方以降、複数回外食した場合、1日あたり2回まで(2軒目まで)の外食を含んでいる。

■外食市場調査(2019年4月度)
https://www.hotpepper.jp/ggs/research/article/marketing/201904

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧