メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マツモトキヨシ/増税駆け込み需要反動で10月既存店売上13.6%減

2019年11月29日月次

マツモトキヨシホールディングスが発表した10月のマツモトキヨシ既存店小売売上伸び率は、前年同月比13.6%減となった。

<マツモトキヨシ>
マツモトキヨシ

HD薬粧客数既存店11.4%減。マツモトキヨシHDの売上伸び率は、既存店12.5%減、全店9.8%減、FC9.5%増、HD合計9.2%減だった。

10月度は駆け込み需要による反動の影響を一定程度受けた。

関東以北に大きな被害をもたらした台風19号、週末の雨天により大きな影響があった。

インバウンド売上は、国慶節まで順調な伸長を示していたが、台風19号の影響により8日から16日までの間に訪日客数が大幅に減少し、客単価の上昇が見られたものの10月度全店伸長としては一桁後半のマイナスとなっている。

訪日客数が減少している韓国は、同社における売上構成比は低く、その影響は軽微となった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方