流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





コンビニエンスストア/8月既存店売上4.8%増、6カ月連続プラス

2022年09月20日 14:40 / 月次

日本フランチャイズチェーン協会が発表した8月のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高9420億300万円(前年同月比4.8%増)、来店客数13億349万8000人(2.3%増)、平均客単価722.7円(2.4%増)となった。

<売上高の推移>

月度 売上高
全店前年比 既存店前年比
4月 2.6%増 2.3%増
5月 3.5%増 3.2%増
6月 4.2%増 3.8%増
7月 3.3%増 2.9%増
8月 5.1%増 4.8%増

全店ベースの売上高9820億4200万円(5.1%増)、店舗数は5万5926店(0.03%減)、来店客数13億6508万5000人(2.6%増)、平均客単価719.4円(2.4%増)だった。

8月としては3年ぶりに行動制限がなかったことから、行楽需要による来店客数が増加したこと等により、全店・既存店ともに売上高が前年を上回る結果となった。また、おにぎり、弁当、調理パン、揚げ物、ソフトドリンク、アイスクリーム、玩具等が好調に推移した。

売上高は全店は9カ月連続のプラス、既存店は6カ月連続のプラスとなった。客数は全店・既存店ともに4カ月連続のプラス、客単価は全店・既存店ともに15カ月連続のプラスとなった。

調査の対象は、JFA正会員コンビニエンスストア本部7社。セイコーマート、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン。

■コンビニエンスストアの先月の実績
コンビニエンスストア/7月既存店売上2.9%増、5カ月連続プラス
https://www.ryutsuu.biz/sales/o082219.html

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧