小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ID-POSデータ活用講座/ID-POSデータで営業提案のスペシャリスト育成

セミナー/2017年05月24日

流通経済研究所は6月29日・7月6日・7月13日の全3回、ID-POSデータ活用の講座「III実践編」を開催する。

ID-POSデータ活用の講座は、今年度から「I基礎編」「II応用編」「III実践編」に再構成し、今回「III実践編」では、基礎を理解した方やID-POS経験者向けの講座となっている。

ID-POSデータを活用した営業提案のために、小売業のデータ開示システムの使用を前提としてデータを分析し、提案につなげるための理論と実践力を身につける。

講座の受講により、データを分析・評価するための統計的な知見、ID-POSデータ開示システムから、営業に必要な情報を抽出する手法を適切に選択できるようになる。

ID-POSデータ開示システムから抽出したデータを営業視点で適切に評価でき、ID-POSデータの分析結果を、小売業に向けた営業提案に活用できるようにする。

■開催概要
日時:6月29日(木)、7月6日(木)、7月13日(木)
各回13:00~17:30
場所:流通経済研究所 セミナールーム
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
参加費:1名120,000円(税込129,600円)
定員:24名(10名に満たない場合には中止する場合がある)

対象者:
・メーカー・卸売業の営業を担当される方(ID-POSデータを用いた小売業への営業提案のために)
・メーカー・卸売業の営業企画、営業支援を担当される方(ID-POSデータを用いた営業の企画・推進のために)
※ID-POSデータの特性や利用に関する基礎を理解している方を前提

■詳細・申し込み
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_170629.html

■プログラム
・1日目 6月29日(木) データ分析の基礎と自社商品購買状況の確認手法を学ぶ。
13:00~13:20 オリエンテーション

13:20~14:00 ID-POSデータ活用の基礎
ID-POSデータ活用講座I基礎編で学ぶ考え方について、短時間で振り返る。

14:10~15:10 統計とデータ解析
統計学的なデータの見方について学び、データ活用の基礎力を高める。

15:20~16:20 トライアル・リピート分析
トライアル・リピート分析について学ぶとともにミニ演習で理解を深める。

16:30~17:30 ブランドスイッチ分析
ブランドスイッチ分析について学ぶとともにミニ演習で理解を深める。

・2日目 7月6日(木) ID-POSデータを用いた小売業への営業提案を学ぶ。(1)
13:00~13:50 消費者属性の活用
性年代や購買金額デシルといった消費者属性の活用を学ぶ。

14:00~15:40 品揃えの企画と提案
品揃え改善に向けたID-POSデータ分析手法と、品揃えの企画・立案方法を理論と演習を交えて学ぶ。

15:50~17:30 プロモーションの企画と提案
プロモーション企画に向けたID-POSデータ分析手法と、プロモーションの企画・立案方法を理論と演習を交えて学ぶ。

・3日目 7月13日(木) ID-POSデータを用いた小売業への営業提案を学ぶ。(2)
13:00~14:30 クロスMDの企画と提案
ID-POSデータを用いた併買分析と、クロスMDの企画・立案方法を理論と演習を交えて学ぶ。

14:45~17:15 総合演習
幅広いデータを分析し、店頭施策を立案する演習を、グループワーク形式で行う。

17:15~17:30 修了式
すべてのプログラムを受講された方に、修了証書を授与する。

※演習で用いるパソコンについて
データ分析演習のために、 Microsoft Excel が利用可能なノートパソコンを持参ください。
データ分析演習にはMicrosoft Excel 2010で作成したデータを用いる。

■問い合わせ
流通経済研究所
担当:土屋、石橋
TEL:03-5213-4532 
FAX:03-5276-5457

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧