メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブン&アイ/首都圏食品戦略の新業態「ヨークフーズちはら台店」

2020年05月12日店舗

セブン&アイ・ホールディングスは5月12日、傘下のヨークマートが千葉県市原市に新業態「ヨークフーズちはら台店」をオープンすると発表した。

新たな食品スーパーマーケット「ヨークフーズ」の1号店となる「ヨークフーズちはら台店」を5月13日、千葉県市原市で開業する「もりまちちはら台モール」内にオープンする。

<ヨークフーズちはら台店>
ヨークフーズちはら台店

店舗は、グループの成長戦略の要と位置付ける「首都圏食品戦略」の具体的施策として開店する。旗艦店としての位置づけで、今後、首都圏におけるグループの食品スーパーにも同様の屋号を付し、展開を進める予定だ。

6月1日には、ヨークマートの商号をヨークに変更し、セブン&アイの首都圏スーパーマーケット事業を統合再編し、「ヨークフーズ」の運営を行う。

今回、ヨークとして、新たな首都圏における食品マーケット戦略を策定した。質の高い新規の出店や既存店の店舗改装のほか、生鮮3品のプロセスセンターやデリカ・惣菜のセントラルキッチンに、セブン&アイグループの持つインフラを活用する。

高品質で価格競争力の高い商品を効率的に供給できる体制を整え、店舗の省人化と豊富な品ぞろえを両立し、地域のニーズに対応する。

店舗は、京成千原線「ちはら台駅」から南東へ約1.8kmの場所に位置する。千葉市中心街へのアクセスも良く、臨海部には全国有数の臨海工業都市「京葉工業地域」を構えていることから、ベットタウンとして成長し続けているエリア。店舗周辺には、緑も多く都市型農業がさかんな地域となっている。開発の続くニュータウン内に新しくオープンする地域密着型モール「もりまちちはら台モール」内の中核テナントとして出店する。

<出店地>
出店地

店舗周辺には、共働きや子育て世代の家庭が多く、忙しい日々の中で簡単・便利に召し上がっていただける即食性の高い食品や、自然豊かな地元の特色を生かした地場商品の品ぞろえを強化する。生鮮品コーナーでは関連販売を強化し、生鮮素材とのベストな組み合わせを提案することで、食事づくりのサポートをする。日常の食卓にプラスの彩りをそえる商品として、店内で手作りするデザートや窯焼きピザなどを用意した。

オープンキッチンでライブ感演出、量目にこだわった品ぞろえ

楽しく充実した買い物時間を過ごせる店づくりとして、精肉・青果・鮮魚・惣菜・ベーカリーの生鮮部門は、オープンキッチンで製造風景が見え、ライブ感のある売場づくりをする。品質・量感・量目にこだわった品ぞろえを展開。デジタルサイネージを店内各売場に設置し、食事メニューの提案や、仕入れ担当者の一押しポイント等をお客に説明する。

デイリー食品・加工食品・雑貨のグロサリー部門は、ナショナルブランド商品・プライベートブランド商品・地場商品など、品ぞろえの幅を広げ、選べる売場を実現する。共働きの多い地域のニーズに合わせて、まとめ買いや買い置きに便利な売場を提案。冷凍品売場は標準店の1.5倍のスペースを確保した。

ふれあいコーナー(休憩スペース)を43席用意し、来店客がゆっくり、くつろぎながら買い物を楽しむために、スペースを広く確保した。

<店舗レイアウト>
店舗レイアウト

店内製造のオリジナル商品を強化し、「日常使い」にも「ハレの日」にも対応するベーシックながらこだわり抜いた素材を使ったおいしい商品の提供を目指す。タルトは、ハレの日に合わせたホールサイズも用意する。

青果では、手作りサラダとフルーツデザートとして、タルト・プリン・ゼリーなどを展開する。手作りサラダは、成果部門のトマトに、鮮魚・精肉部のシーフードやチキンなどを盛り付ける。

鮮魚部門では、鮮魚部門が仕入れた魚を当日、さばいて作る魚惣菜を展開。焼き魚、煮魚、フライ、お弁当などを展開する。

ベーカリーでは、500℃の専用高温窯で焼き上げるピザを販売する。

関連販売強化、ミールキット「楽デリ」開始

「ヨークフーズ」が提案するおすすめ食材と、一緒に利用する頻度が高い商品や便利商品をまとめて配置し販売する、「関連販売」を強化しております。

牛肉と新商品のタレ、たらことパスタなど、グロサリーと相性の良い素材の組み合わせを提案することで、毎日のメニュー決めのサポートや、仕事帰りなど、買い物を効率よく済ませたい時の利便性を提供する。

チーズやワイン、ローストビーフなどの即食食品を一つのエリアでまとめ、買い周りしやすい売場レイアウトを導入する。集合展開することで、晩酌や「ハレの日」に最適な商品を提案する。

「時短」×「簡単」×「本格的」をキーワードに開発した「ヨークフーズ」オリジナルのミールキット「楽デリ」を開始。味やボリュームのほか、「ひと手間はかけたい」「野菜は多めがいい」など、さまざまなニーズをもとに商品化した。「フライパンで作る簡単パエリアキット」「野菜たっぷりあんかけ焼きそばキット」などを販売する。

地場野菜、朝どれ地魚、千葉県の漁港で水揚げした魚を使った寿司を販売し地元アイテムを打ち出した。特に、和風食品は、昔馴染みの味付けが多いため、佃煮、漬物、こんにゃくなど、「和風カテゴリー」で地元商品を多数品ぞろえする。

「千葉」と「地産地消」の読み名を掛け合わせた「千産千消」POPを取り付け、売場で地元商品を大きくPRする。千葉県の学校給食にも登場する人気商品、富士正食品「ピーナツハニー」などをそろえた。

また、部門ごとに、マーチャンダイザーおおすめの逸品を用意した。身近な食品スーパーとして日常使いに欠かせないアイテムを豊富に展開。中でもニーズの高い商品の中から「コアアイテム(核となる商品)」は、「この商品は地域NO.1を目指す」を目標に、日々改良に取り組んでいるという。

「北の恵み和牛」「熟とまと」「本まぐろ尽くし」「銀鮭西京漬け」「いなほや弁当」「湯こね食パン」「濃厚おぼろ豆腐たれ付」「おつまみ処」(全15種類)「千葉県産こしひかり」などをそろえた。

鶏肉にノントレー商品を導入

環境への取り組みとして、インストア加工の鶏肉商品をノントレー仕様で販売する。これにより従来の食品トレーとの比較でプラスチック排出量を年間約265kg以上削減が可能となる。また、トレー処理の手間を省き、家庭ごみを削減でき、買い物バックや冷蔵庫内でも幅を取らず、スッキリ収納でき、包装フィルムをまな板代わりに使用することで清潔調理ができるメリットもある。

スーパーの中でも多くの電力を消費する飲料販売什器に、扉付き冷蔵ケースを導。従来のオープン型の冷蔵ケースに比べ、電気使用量が48%も削減でき、省エネ効果が大きく見込まれる。また、冷気が漏れないことで空調循環が効率化され、売場の冷え対策にも効果的だという。

■ヨークフーズちはら台店
所在地:千葉県市原市ちはら台南2-32-2
売場面積:1987m2
TEL:0436-40-5033
駐車台数:461台(モール内共有)
営業時間:9時~21時30分(通常時)
従業員数計:95人(社員21人、パートタイマー74人)※8時間換算
商圏人口:約1万7000人(約6000世帯)※半径1.5kmの基礎商圏内

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方