メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

卑弥呼/投資ファンドのリサ・パートナーズが公開買付け、上場廃止

2016年03月18日経営

卑弥呼は3月18日、投資ファンドのリサ・パートナーズの子会社HSHが、自社の株式全てを対象に公開買付けを行い、上場廃止になると発表した。

株式の買付価格は1株2059円。

卑弥呼は1976年2月に設立し、「卑弥呼」ブランドの婦人靴を販売し、1980年12月にアンテナショップ1号店「原宿卑弥呼本店」をオープンした。

1990年11月には、日本証券業協会に株式を店頭登録し、2000年には年間売上100億円を達成、2004年12月にはジャスダック証券取引所に株式上場をした。

一方で、婦人靴業界は、異業種を含む競争環境が激化。円安に伴う輸入コストの上昇、原材料価格・人件費の上昇など厳しい状況が続いている。

卑弥呼の2016年3月期の業績予想は、売上高34億3000万円、営業利益1000万円、経常損失7億円、当期損失7億4000万円の見込み。

創業者の高齢化、後継者問題もあり、リサ・パートナズ傘下で経営再建を図るという。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方