メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マクドナルド/デリバリーに「電動3輪バイク」CO2排出量削減

2020年10月05日経営

日本マクドナルドは10月、「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして、「電動3輪バイク」の本格導入を開始した。

<「電動3輪バイク」の本格導入を開始>
電動3輪バイク

「マックデリバリーサービス」は、マクドナルド独自の宅配サービス。2010年の初導入以降、対象エリアを順次拡大しており、直近では10月1日より新たに石川県でもサービス開始するなど、1都1道2府30県、60 店舗(10月5日時点)で展開している。

今回、「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして、モビリティブランドのaidea社製「電動3輪バイク」を本格導入。同バイクは、2020年5月より神奈川県で、7月より東京都で、それぞれ一部店舗にてテスト導入しており、走行性能や安全性の検証を経て、本格的に導入することとなった。

2020年10月中に44店舗で約100台を導入し、年内には約120店舗・約320台へと拡大予定だ。

ガソリンエンジンのバイクが1年間に排出するCO2の量は1台当たり約1.1tだが、走行時にCO2を排出しない電動バイクの採用は、CO2排出量削減につながる。

また、電動バイクには、エンジンバイクのような大きな始動音、アイドリング中のエンジン音がない。排気ガスを出さず匂いも少ないのも、特長となっている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方