小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー/「天然水」に植物由来原料30%使用した1.85gのキャップ導入

サントリー食品インターナショナルは9月29日、飲料用ペットボトルに植物由来原料を30%使用した、1.85gのキャップを導入する、と発表した。

<「天然水」に植物由来原料30%使用した1.85gのキャップ導入>
「天然水」に植物由来原料30%使用した1.85gのキャップ導入

同社は、「サントリー天然水」550mlのボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを採用している。

9月末より天然水南アルプス白州工場(山梨県北杜市)の「サントリー 南アルプスの天然水」(550ml 自動販売機用)にて導入を開始し(年間約500万c/s)、順次「サントリー天然水」ブランドで展開していく予定。

これにより、現行ペットボトルキャップに比べ、石油由来原料の使用量を約35%削減し、CO2排出量を約27%削減(「サントリー 天然水」550ml1本あたり)することが可能となる。

石油からではなく、植物を原料にしたエタノールから製造したポリエチレンを、キャップ1個あたり30%使用。

2016年春、九州熊本工場(熊本県上益城郡)にて初めて導入した。今回、さらに軽量化したキャップを天然水南アルプス白州工場で導入する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧