小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブルボン/再生医療向け試薬事業へ新規参入

ブルボンのグループ企業であるブルボン再生医科学研究所は、ブルボン健康科学研究所と信州大学の共同研究を通じて開発した「糖による細胞の増殖制御技術」を応用したヒト多能性幹細胞(iPS/ES)用増殖制御基礎培養液「Xyltech」(キシルテック)BOF-01を2017年度より、ニプロを通じて発売する。

ヒト多能性幹細胞(iPS/ES)は、再生医療の切り札として様々な応用が期待されており、その安全性も向上の一途をたどっている。一方で、「高増殖性」や「分化多能性」により、安定した維持培養には研究者の高い培養スキルや時間的なエネルギーを必要とするため、現在、異分野間の様々なアプローチによる維持培養技術が開発されている。

ブルボンでは、健康科学研究の一環として実施してきた多能性幹細胞研究を通じて培った培養技術と、食品の主要成分である「糖」に関する幅広い知見を活かし、糖による安全・安心な細胞増殖制御を通して、研究者の負担低減と多能性幹細胞を用いた再生医療研究の発展に寄与することを目的として、新製品の基盤となる技術を開発した。今後も、「Xyltech」BOF-01の発売をスタートとして、安全・安心な再生医療向け試薬の開発と再生医療研究の更なる発展に貢献する。

内容量は100ml。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧