メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤッホーブルーイング/ふるさと納税で泉佐野市と大阪ブルワリー開設へ

2021年09月10日経営

ヤッホーブルーイングは9月9日、泉佐野市と企業誘致と地域活性に関する基本合意書を締結した。

<大阪ブルワリー開設を目指す>
20210910yahoo 728x517 - ヤッホーブルーイング/ふるさと納税で泉佐野市と大阪ブルワリー開設へ

泉佐野市は、ふるさと納税型クラウドファンディング「#ふるさと納税3.0」を活用し、泉佐野市内にビール醸造機能と飲食や販売スペースを併設する新たなレジャースポット「ヤッホーブルーイング大阪ブルワリー(仮称。以下、大阪ブルワリー)」の開設のための寄付を募集する。

ヤッホーブルーイングは2021年2月に大阪営業所を開設するなど、近畿圏のクラフトビール市場を盛り上げるための活動を強化していたところ、泉佐野市から誘致提案を受け、両者で泉佐野市の活性化と近畿圏のクラフトビール市場の盛り上げに取り組むもの。

9月9日より泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」にて寄付受付を開始。以降、複数の民間ポータルサイトでも寄付受付を開始する。返礼品は寄附金額1万6000円で大阪ブルワリーで製造予定の「よなよなエール」24缶と引き換えることができる電子チケット。目標金額は、ふるさと納税型クラウドファンディング史上最大規模(泉佐野市調べ)の10億円となる。

目標金額を達成した場合、泉佐野市はヤッホーブルーイングに寄付総額の40%を補助金として交付。2023年秋にビール醸造機能と飲食や販売スペースを併設する大阪ブルワリー開設を目指す。

「#ふるさと納税3.0」は、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングで補助金の原資を調達。企業や個人事業主を支援(誘致)することによって泉佐野市に新たな地場産品を創り出し、支援者に創り出された地場産品をお礼として贈るという新たな取り組み。

2020年度の寄付額は、合計5億5000万円に達し、氷温熟成肉、高級缶詰など9件のプロジェクトでクラウドファンディングを実施した。実際に新たな加工所や設備で生産された製品が泉佐野市の返礼品として活用されているという。

■大阪ブルワリー構想
場所:泉佐野市内
規模:年間2000キロリットル製造相当
機能:ビール製造・飲食・販売スペース

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方