メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

神戸市/(仮称)イオンモール神戸南の施設概要を発表

神戸市は5月24日、市内の中央卸売市場本場西側跡地にイオンモールが計画している(仮称)イオンモール神戸南施設概要を発表した。

<施設イメージ>
施設イメージ

開業予定は2018年6月で、敷地面積約3万7385m2、延床面積約8万1000m2、うち店舗棟約6万700m2、駐車場棟約2万300m2。

<位置図>
位置図

事業コンセプトは「Delicious life Park」で、食を大切にするライフスタイルや、創り・味わう食のシーンなど、人生にあふれるさまざまな食のニーズに対応する。

店舗棟は3フロア構成で、1階は食のゾーンとして、中央卸売市場と連携した売場や専門店を展開する。2階は専門店街、3階は専門店とフードコートを配置する。

駐車場は約1300台で、駐車場棟約700台、店舗棟屋上約600台の計画。

<運河沿いプロムナード>
運河沿いプロムナード

そのほか、運河沿いプロムナード、オープンカフェ、観光案内所、観光バス駐車場などを設置する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方