メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ダイバーシティ東京プラザ/ヒューマノイドロボットの店舗案内実験

2017年02月09日トピックス

日立製作所、日立ビルシステム、三井不動産の3社は2月17日、東京・お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」で、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験を開始する。

<実験のイメージ>
実験のイメージ

日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」が、お客へ「ダイバーシティ東京 プラザ」の店舗や商品メニューなどの情報案内、目的地への案内を、フードコートや館内で行う。

増加するインバウンドのお客へも対応できるよう、実証実験での対応言語は英語・中国語・日本語で行う。

3社はこの実証実験を通して、商業施設を訪れる多様なお客の店舗選び・商品選びのサポートを行い、接客・案内サービスの向上を目指す。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方