小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/中国のファミリーマート事業の裁判で見解を発表

海外/2019年05月17日

ファミリーマートは5月17日、中国のファミリーマート事業における裁判案件報道に関する自社の見解を発表した。

<ファミリーマート>
ファミリーマート

「子会社のファミリーマート・チャイナ・ホールディング(FMCH)が中国におけるファミリーマート事業に関して、英領ケイマン諸島で提起し、現在係属中の裁判案件について、誤報道(特に一部メディアにおける『FMCHが敗訴した』という報道)が散見されることに対応したもの」(同社)。

FMCHは2004年に、台湾「頂新集団」と合弁で、ケイマン法人のCHINA CVS(CAYMAN ISLANDS)HOLDING CORPORATION(CCH)を設立し、現在、FMCHが40.35%、頂新集団の100%子会社であるケイマン法人のTING CHUAN(CAYMAN ISLANDS)HOLDING CORPORATION(TC)が59.65%の株式をそれぞれ保有している。

現在、FMCHはTC(及び頂新集団グループ各社)とその子会社であるCCH間の継続的な利益相反取引に関する情報未開示や、長期間のロイヤルティ支払遅延等に起因した回復し難い信頼関係破壊を主たる理由として、2018年10月に裁判(裁判所によるCCHの強制解散命令を主たる請求、代替的手段として、FMCHによるTC保有のCCH株式の買取を従たる請求)を提起した。

裁判に対して、TCは、2018年11月、本裁判の却下・棄却、又は、停止を求めるための裁判手続きを提起し、2019年1月にケイマンの裁判所(the Grand Court of Cayman Islands)で審理された。

同年2月の判決では、TCが主張する本裁判の却下・棄却については退けられた上で、裁判の審議を暫定的に停止し「CCHの株主間契約に規定する仲裁条項に基づき、回復し難い信頼関係破壊に起因する強制解散命令の法的根拠の有無を仲裁法廷で先に判断すべき」との判断がなされた。

FMCHはこの暫定的な審議停止の判断を不服として、2019年3月、控訴裁判所(the Court of Appeal of Cayman Islands)に対して控訴しており、裁判はなお係属中となっている。

裁判に関し、一部メディアにおいて「FMCHが敗訴した」との報道がなされているが、上記の通りTCが主張する本裁判に対する却下・棄却請求が退けられたものであり、FMCHが提起した裁判が却下・棄却された事実はない。

判決文は公開資料であり、ケイマンの裁判所(the Grand Court of Cayman Islands)において入手可能できる。

ファミリーマートは、「グループに対する事実確認なく、このような誤った報道がなされているのは、当社として誠に遺憾です」とコメントしている。

なお、同社は日本語のほか、英語、中国でも同様のプレスリリースを発信している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧