小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

明治/マーガリン刷新、トランス脂肪酸を低減

明治は3月1日、トランス脂肪酸の使用を低減した配合に変更し、家庭用マーガリン類10商品を刷新する。

<家庭用マーガリン類を刷新>
家庭用マーガリン類を刷新

トランス脂肪酸を過剰に摂取した場合、悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少により、心臓病のリスクを高める可能性が指摘されている。

トランス脂肪酸には2つの由来があり、油脂の加工の過程で生じるものと天然に生じるものがある。

同社は、家庭用マーガリン類において、トランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んできたが、今回、油脂の加工の過程で生じるトランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」を不使用の配合に変更する。

<「コーンソフト」のトランス脂肪酸低減の推移>
「コーンソフト」のトランス脂肪酸低減の推移

これは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が2018年6月から開始する「部分水素添加油脂」の食品への使用規制に対応するもの。

家庭用マーガリン類10商品のパッケージに「部分水素添加油脂の不使用」・「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴを付与し、全国でリニューアル発売する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧