小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/累計200万食販売「重慶飯店」監修商品初のデザート、サラダ

商品/2019年07月16日

ローソンは7月16日、横浜中華街四川料理の老舗「重慶飯店」監修の弁当・おにぎり・冷し麺・デザート・サラダ合計5品を関東甲信越エリアのローソン店舗(約4,900店:2019年6月末時点、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」を除く)で発売した。

<桃とライチのジュレ>
桃とライチのジュレ

「重慶飯店」に監修商品はこれまでに9品を発売、30代~40代の男性を中心に好評で累計約200万食を販売した。

ローソンで「重慶飯店」監修のデザート、サラダを発売するのは今回が初めてとなる。

<四川風鶏チリサラダ>
四川風鶏チリサラダ

今回、「冷し担担麺」(税込498円)、「青山椒風味の炒飯おにぎり」(149円)、「雲白肉(ウンパイロウ)(スタミナ豚丼)」(498円)、「桃とライチのジュレ」(248円)、「四川風鶏チリサラダ」(357円)をラインアップ。

<冷し担担麺>
冷し担担麺

「冷し担担麺」は、中華麺に、花椒オイルをきかせた肉味噌、きゅうり、もやし、きくらげ、白髪ねぎを盛りつけ、ピリッとした辛さが特長のスープをあわせた。別添のローストピーナッツを加えることで風味と食感を楽しめる。

「青山椒風味の炒飯おにぎり」は、ごはんに、玉子、鶏ひき肉、しめじ、玉ねぎ、高菜、青唐辛子を加え、青山椒風味のたれで炒めた炒飯おにぎり。

「雲白肉(ウンパイロウ)(スタミナ豚丼)」は、一般的に前菜として食べられている「雲(ウン)白(パイ)肉(ロウ)」を、どんぶりメニューにアレンジ。豚肉を、醤油、砂糖、にんにく、ハバネロ、ハラペーニョ、ブートジョロキアなどの唐辛子で味付けし、ごはんにのせた。

「桃とライチのジュレ」は、すりおろしたライチ、ライチリキュールを使用して作ったライチジュレに、白桃、クコの実をトッピングした。

「四川風鶏チリサラダ」は、辛味のきいたチリソースをベースにしたドレッシングを、蒸し鶏をメインに、レタス、トマト、白髪ねぎを盛りつけたサラダにかけ、アクセントにクリームチーズを添えている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧