小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/「もぎたて」の基幹4フレーバーをクオリティアップ

アサヒビールは4月4日、「もぎたて」の基幹4フレーバー「まるごと搾りレモン」、「まるごと搾りグレープフルーツ」、「まるごと搾りぶどう」、「まるごと搾りオレンジライム」の中味とパッケージをクオリティアップして発売する。

<クオリティアップする「もぎたて」シリーズ>
クオリティアップする「もぎたて」シリーズ

今回のクオリティアップでは、収穫後24時間以内搾汁果汁の使用はそのままに、各フレーバーに合わせて果汁や香味のバランスを見直すことにより、自然な果実の味わいを強化している。

また、現行よりもガス圧を高めることで、よりすっきりとした後味を実現し、飲み飽きない味わいに仕上げた。

独自技術である「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させた、より低い温度帯での「超低温殺菌」を実現した「新<もぎたて>キープ製法」を採用することで、果実由来の新鮮な味わいを高めた。

パッケージデザインは、より新鮮な果実感を伝えるべく、果実のイラストに果汁の「しぶき」を加えた。

商品特長である「収穫後24時間以内搾汁」・「新もぎたてキープ製法」・「アルコール9%」を、商品名の近くに分かりやすく記載している。

クオリティアップに合わせ、フレーバー名を「新鮮レモン」、「新鮮グレープフルーツ」、「新鮮ぶどう」、「新鮮オレンジライム」から、「まるごと搾りレモン」、「まるごと搾りグレープフルーツ」、「まるごと搾りぶどう」、「まるごと搾りオレンジライム」に変更し、果実の味わいをより強く訴求する。

内容量は各350ml、500ml。税抜価格が350mlは141円、500mlが191円。

販売目標は1100万箱。

■「もぎたて」ブランドサイト
http://www.asahibeer.co.jp/mogitate/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧