小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン&アイ、アスクル/「IYフレッシュ」11月30日サービス終了

EC/2019年11月25日

アスクルはこのほど、BtoC向けECサイト「ロハコ」内でテスト展開していたネットスーパー「IYフレッシュサービス」を11月30日に終了するとの告知を発表した。

セブン&アイ・ホールディングス広報センターは、「イトーヨーカ堂の事業構造改革の一環として、今回の決定に至った。注文に対して100%対応することで、リピート率を高めたり、ロハコとオムニ7の相互送客といった一定の効果があったと判断した。アスクルの経営陣の刷新と今回の決定は関係がない」とコメントしている。

<IYフレッシュサービス終了の告知>
IYフレッシュサービス終了の告知
出典:ロハコ内IYフレッシュサービスページ

告知によると、2017年11月から、東京都新宿区、文京区の2区でテスト展開をしていたIYフレッシュのサービスを11月末日をもって終了する。注文は11月28日23時、配送は11月30日22時をもって終了となる。

同社は、「ご愛顧いただいているお客様、サービス拡大のご期待をいただいていたお客様には、大変申し訳ございませんでした。また、これまでたくさんの方にご利用をいただき、心より感謝申し上げます」と述べている。

今後の生鮮食品の購入については、イトーヨーカドーのネットスーパー「アイワイネット」やロハコで厳選した野菜、フルーツを届ける「Farmer’s Maket 」、ロハコ限定パン「LOHACO BREAD」などを利用してほしいと呼びかけている。

IYフレッシュは2017年11月28日、セブン&アイ・ホールディングスとアスクルの新規事業として開始した。ロハコのお客と比べてIYフレッシュのお客のオーダー単価は約1.4倍、リピート率が約2倍となった。

好調を受けセブン&ホールディングスは2018年4月に、対応エリアを年内に東京都の城東地区・城南地区に拡大する方針を発表していたが、エリア拡大はできなかった。

イトーヨーカ堂は2019年10月11日に発表した成長戦略の中で、「ネットスーパーの大規模センター型への転換」を打ち出している。また、セブン-イレブンの既存店支援策の一つして、ネットスーパー購入商品の受取拠点として、セブン-イレブン店舗を活用することを検討している。

セブン-イレブンの子会社フォーキャストが展開する新業態コンフォートマーケットでは、店舗独自のネットスーパーで受け取りボックスによる商品受取を導入するなど、ラストワンマイル対応を進めている。

成長戦略のひとつとして、ネットスーパーに注力する方針で、今後、「セブン&アイ・ホールディングスネットスーパー西日暮里店」のようなネットスーパー専用配送拠点を増設することも検討しているという。

■IYフレッシュ
https://lohaco.jp/g1/79/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧