メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

トライアル×フクシマガリレイ/「リテールAIショーケース」共同開発

2019年11月25日経営

トライアルホールディングスとフクシマガリレイ(12月3日福島工業から社名変更)は11月22日、共同開発したAIカメラ搭載の「リテールAIショーケース」を報道陣に公表した。

<福島専務、永田社長>
福島専務、永田社

「リテールAIショーケース」は、Retail AIが独自開発した小売に特化した「リテールAIカメラ」を搭載。棚に取り付けたカメラが棚の欠品、コンディションの監視などを行う。

<欠品、コンディションの監視を行う>
棚を分析し欠品を防ぐ

欠品が一定以上となると、アラートをバックヤードに送り、販売機会ロスを減らす。

<電子棚札、デジタルサイネージ>
電子棚札、デジタルサイネージ

電子棚札、デジタルサイネージも設置。作業負担の少ない値段変更ができ、顧客属性に応じた販促をデジタルサイネージに流すこともできる。

<MILABストア>
MILABストア

フクシマガリレイが、大阪市西淀川地区の本社に設置したオープンイノベーション施設「MILAB(ミラボ)」の「MILABストア」に常設。セルフ会計システム付レジカート、電子棚札、サイネージなどとともにスマートストアを体験できる。

フクシマガリレイの福島豪専務は、「リテールAIショーケースで得た情報を生かすことで、小売では販売機会ロスの削減、顧客情報の把握、メーカーには適切な生産・在庫管理、廃棄の削減につながる。経験と勘に頼っていた部分を減らし、流通に生じる無理、無駄、ムラをなくすことに貢献していく」と説明した。

トライアルグループでAIカメラなどリテールテックを担当するRetail AIの永田洋幸社長は、「リテールAIショーケースは、これまで世の中になかった技術ではなく、AIと既存技術を組み合わせたレトロフィット(retrofit)という考え方から生まれた。さまざまな既存の店舗へも転用が可能な技術で、まずは欠品防止、販売機会のロスに着目しているが、今後どのような情報があれば、より良い店舗になるのか収集する情報についても検討していく」としている。

<人流も分析>
人流も分析

「MILABストア」では、ストア内に取り付けたAIカメラで顧客の動線・位置情報の分析も実施。プロモーションの効果測定、顧客がどの棚で足を止めたかなどを把握し、今後の棚づくりなどに生かしたい考えだ。

<顧客の動線・位置情報の分析>
顧客の動線・位置情報の分析

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方