メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

専門家会議/「新しい生活様式」と「業種別ガイドラインの留意点」提示

2020年05月04日行政

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は5月4日、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を具体的にイメージできるように、今後、日常生活の中で取り入れてほしい実践例を提示した。

新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践していく必要があることに対応したもの。

<新しい生活様式の実践例>
新しい生活様式の実践例
出典:厚労省発表資料

「新しい生活様式」の実践例は、「一人ひとりの基本的感染対策」「日常生活を営む上での基本的生活様式」「日常生活の各場面別の生活様式」「働き方の新しいスタイル」の4つで構成する。

一人ひとりの基本的感染対策では、感染防止の3つの基本、身体的距離の確保、マスク着用、手洗いを提示。「人との間隔はできるだけ2m(最低1m)空ける」「外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用」「家に帰ったらまず手や顔を洗う」「手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う」ことなどを提示。移動に関する感染対策では、感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控えること等を提示した。

日常生活を営む上での基本的生活様式では、「まめに手洗い・手指消毒」「密集、密接、密閉の3密の回避」「咳エチケットの徹底」「身体的距離の確保」「こまめに換気」「毎朝で体温測定、健康チェック」等を示した。

日常生活の各場面別の生活様式では、「買い物」「食事」「公共交通機関の利用」「娯楽、スポーツ等」「冠婚葬祭などの親族行事」の5つの生活場面別に実践例を示した。

買い物では、「通販も利用」「1人または小人数ですいた時間に」「電子決済の利用」「計画をたてて素早く済ます」「サンプルなど展示品への接触は控えめに」「レジに並ぶときは、前後にスペース」を提示した。

食事では、「持ち帰りや出前、デリバリーも」「屋外空間で気持ちよく」「大皿は避けて、料理は個々に」「対面ではなく横並びで座ろう」「料理に集中、おしゃべりは控えめに」「お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて」を提示。

公共交通機関の利用では、「会話は控えめに」「混んでいる時間帯は避けて」「徒歩や自転車利用も併用する」ことを提示した。

働き方の新しいスタイルでは、「テレワークやローテーション勤務」「時差通勤でゆったりと」「オフィスはひろびろと」「会議はオンライン」「名刺交換はオンライン」「対面での打ち合わせは換気とマスク」といったことを提示した。

今後、2週間をめどに業種ごとの感染拡大予防ガイドラインを、関係団体が別途、作成する予定だ。

■業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点も提示

また、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点も提示した。今後、感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図っていくに当たっては、特に事業者において提供するサービスの場面ごとに具体的な感染予防を検討し、実践することが必要になると指摘。

社会にはさまざまな業種等が存在し、感染リスクはそれぞれ異なることから、業界団体等が主体となり、また、同業種だけでなく他業種の好事例等の共有なども含め、業種ごとに感染拡大を予防するガイドライン等を作成し、業界をあげてこれを普及し、現場において、試行錯誤をしながら、また創意工夫をしながら実践することを強く求めた。

同時に、「リスク評価とリスクに応じた対応」「各業種に共通する留意点」「症状のある方の入場制限」「感染対策の例」「トイレ」「休憩スペース」「ゴミの廃棄」「清掃・消毒」「その他」の各項目ごとの留意点を解説している。

専門家会議は、「新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例がある。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠である。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要である」と指摘。

具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要である。市民一人ひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけることで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、自分のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながるものと考えると提言している。

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年5月4日)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方