メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/ネットコンビニが「PickGo配送API」と連携、配送をマッチング

2021年06月28日IT・システム

CBcloudは6月28日、配送マッチングプラットフォーム「PickGo」のAPIを公開した「PickGo 配送 API」のサービスを開始した。

<「PickGo」を活⽤した⼩売・外⾷店舗とのAPI連携イメージ>
20210628seven1 728x418 - セブンイレブン/ネットコンビニが「PickGo配送API」と連携、配送をマッチング

APIの公開は、配送マッチングプラットフォームとしては初めての試み。また、セブン-イレブン・ジャパンが展開する「セブン-イレブンネットコンビニ」と同サービスを活要したAPI連携をスタートし、「PickGo」の配送パートナーによる配送もスタートした。

「PickGo 配送 API」は、配送マッチングプラットフォーム「PickGo」のAPIを公開したサービス。軽貨物の登録ドライバー数2万8000人を超える「PickGo」は、マッチング率の⾼さと即時性で緊急性の高い「オンデマンド配送」に強みを持つ。

それに加え、CBcloud では二輪車、一般般貨物自動車運送事業者、飛行機、鉄道など様々な配送インフラネットワークを自社の配送機能として実装する「オンデマンド配送 2.0」の推進を強化している。

「PickGo 配送 API」はこの「オンデマンド配送 2.0」を強力に支援するサービスとなるもの。事業開始・拡大において、配送リソースの手配、固定費はコストとしてネックと捉えられる機会が多いが、「PickGo 配送 API」は配送リソースを成長のパワーとしてビジネスをサポートするという。

現在、セブン-イレブンでは「セブン-イレブンネットコンビニ」のサービスを北海道、広島県、東京都の約370店にて展開している。

店舗から「最短30分での配送」を掲げ、コロナ禍でのニーズの高まりも重なり、共働き世帯・20代の若年層など、幅広いユーザーが利用している。今後のサービス拡大を目指す上で配送を担うパートナーを探していたセブン-イレブンと、「運ぶ」を通じて物流の担い手、社会への価値創出を図るCBcloudは、API連携に向けて今年2月からPoC(概念実証)を実施。セブン-イレブンの「サービスの価値向上」と CBcloud の「ドライバーの価値向上」の思想がマッチし、今回正式な連携を開始する。

「セブン-イレブンネットコンビニ」経由で顧客から受けた注⽂依頼が、「PickGo 配送 API」を経由して近辺にいる配送パートナーとマッチング。セブン-イレブン店舗での商品の集荷から指定住所への配送を最短30分で行う。

セブン-イレブンとCBcloudは、今回の連携を活かして「セブン-イレブンネットコンビニ」の導入店舗の拡大を目指す。

■PickGoについて
https://pickgo.town/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月17日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方