小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン-イレブン/阪急阪神グループ「Sポイント」を2府4県2700店に導入

セブン&アイ・ホールディングス、エイチ・ツー・オー リテイリング、阪急阪神ホールディングスは5月8日、関西2府4県で展開している「セブン-イレブン」約2700店で、関西エリアを対象とした共通ポイント「Sポイントサービス」を導入すると発表した。

5月14日から、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の「セブン-イレブン」でサービスを開始する。Sポイントサービスの対象カードを利用または提示すると、税抜200円に付き1ポイントを付与する。

電子マネーnanacoで支払いをすると税抜100円に付き1ポイントを付与するが、Sポイントサービスとの併用はできない。

阪急阪神グループの店舗では、基本的にSポイントサービスの対象カードを利用または提示すると、税抜100円に付き1ポイントを付与している。たまったポイントは1ポイント=1円として利用できる。

<Sポイント>
Sポイント

Sポイントは、阪急阪神グループ施設のほか、さまざまなScene(場面)で「たまる」「つかえる」Special(特別)なポイントシステム。

鉄道、百貨店、スーパー、ショッピングセンター、ネットショッピング、球場、劇場、ホテル、旅行など、これまでバラバラだった各カードのポイントが共通化した。

現在、関西エリアには、約2000万人、約860万世帯が居住しており、阪急阪神グループでは、関西エリアにおいて、約20種類のポイントカードを約750万会員のに発行している。

Sポイントは、これら多種多様なカードを結ぶネットワークとなる。

阪急阪神グループが提供するカードの中から、お客の生活スタイルに応じたカードを選び、そのカード1枚で関西エリアにおけるさまざまな生活シーンでポイントをためて、利用することができる。

Sポイントの対象カードは、現金や商品券、クレジットカード、電子マネーなど、さまざまな決済手段に対応しており、買い物の際、Sポイントの対象カードの利用、あるいは提示によりSポイントが貯まる。

セブン-イレブンでは、電子マネー支払い、クレジットカード支払いに対してのみポイントを付与しており、現金での支払いに対してポイントを付与するのは初めて。

Sポイントサービスの導入は2016年10月に発表しているが、レジシステムの変更など、システムの準備に時間がかかったという。

セブン&アイHDは、「関西における阪急阪神グループのブランド力を生かして、よりセブン-イレブンの利用者を拡大したい」とコメントしている。

なお、Sポイントサービス導入以外の阪急阪神グループとの取り組みについては、現時点で新たに決定した事項はないという。

■Sポイント
https://www.s-pt.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧