メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

2018年12月10日店舗レポート

日本出版販売は12月11日、東京・六本木に入場料ある新業態の本屋「文喫」をオープンする。12月10日マスコミ向け内覧会を開催した。

<文喫>
20181210bun1 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

同店は、青山ブックセンター跡地に、日販が「本との新たな出会い」をテーマにした本屋「文喫」を初出店するもの。

<約3万冊の本がそろう>
20181210bun2 544x439 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

プロデュースにスマイルズを迎え、店舗運営はリブロプラスが行う。人文科学、自然科学、アート・デザインなど各1点ずつ、約3万冊の本がそろう。

<店内配置図>
20181210bun21 544x303 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

本との偶然の出会いを仕掛ける陳列方法、小腹を満たす喫茶室、1人本と向き合うための閲覧室、数人で利用できる研究室などを用意し、単なるブック&カフェに止まらない、本を選ぶ豊かな時間を提供する新しい本屋を目指している。

日販の営業本部リノベーション推進部市場開発課は、「文喫は、本と人との思いがけない出会いを提案する。書店のサポートだけでなく、新たなチャレンジとして文喫を開業し、本と本屋をあきらめない、本のある場所をどう残すか挑戦していく」と説明している。

本を売るだけの本屋ではなく、「本と恋に落ちる、本と出会うための本屋」として運営するため、入場料(税別1500円)を設定した。

<コーヒーと煎茶が飲み放題>
20181210bun3 544x315 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

入場料には、コーヒーと煎茶の飲み放題が含まれており、飲み物を楽しみながら、ゆったりと1日中本に浸ることができる。

利用時間は、営業時間の9時~23時の中で無制限となっている。

<エントランスで企画展示>
20181210bun4 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

エントランスは、本の企画展示を行う。六本木駅至近の視認性の高い立地にあり、道行く人の目を引く、新たな本の世界への入口を提示する。

第1回は、泊昭雄氏がクリエイティブディレクターを務めるビジュアルマガジン「hinism(ヒニスム)」10年ぶりの復刊を記念し、「hinism」中心に雑誌の持つ可能性と多様性を表現している。

<約90種類の雑誌を販売>
20181210bun5 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

また、続くスペースでは、約90種類の雑誌を販売する「マガジンウォール」を設置。雑誌の裏は、ボックスになっており、雑誌から広がるインスピレーションにより選ばれた本が収められ、ともに購入できる。

<雑誌から広がるインスピレーションにより選ばれた本>
20181210bun6 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

企画展示と雑誌のスペースは無料で利用でできる。

<レセプション>
20181210bun7 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

ホテルのロビーをイメージしたレセプションで入場料を払うと、入館バッチがもらえ、無料でWi-Fiも利用できる。有料スペースは、約3万冊の本をそろえた選書室、喫茶室、閲覧室、研究室からなる。

<選書室>
20181210bun8 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

選書室は、アート、建築、デザイン、ビジネスなどの書籍を選ぶ豊かな時間を提供する。

<アート、建築、デザイン、ビジネスなどの書籍がそろう>
20181210bun19 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

本との偶然の出会いを創出するため、作者・ジャンルで本を分けすぎず、文庫とハードカバーが混在し、平積みも形や種類がミックスされた置き方がなされている。

<床、柱は「初恋」ピンク>
20181210bun9 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

店内は、「本と恋に落ちる」瞬間をテーマにした「初恋」ピンクをキーカラーにレトロな雰囲気にデザインしている。

<喫茶室>
20181210bun10 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

本は、購入前に喫茶室で、食事や飲み物とともに楽しめる。飲み放題のコーヒー、煎茶以外に、ハヤシライス(1080円)、カフェラテ(580円)、ギネス(680円)、山崎(580円)などソフトドリンク、アルコールもそろえた。

<小腹満たしの食事もできる>
20181210bun11 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

その他座席は、一人掛けのソファー席を用意。

<一人掛けのソファー席>
20181210bun12 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

小上がり席では、六本木ヒルズを眺めながら、寝っ転がって本が読める。

<小上がり席>
20181210bun13 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

イベントスペースでは、今後、定期的にイベントを開催する。

<イベントスペース>
20181210bun14 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

閲覧室(12席)は、コンセントも用意し、じっくりと本と向き合える。

<閲覧室>
20181210bun15 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

研究室は複数人利用で、会議もできる(予約不要)。

<研究室>
20181210bun16 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

スタッフは、白衣をイメージしたオリジナルの上着を着用しており、「本屋で働くカッコよさ」を表現している。

<文喫・伊藤晃店長、林和泉副店長>
20181210bun17 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

<ラッピングやカバーにもこだわり>
20181210bun18 544x286 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」

<選書室には無料ロッカーも設置>
20181210bun20 544x362 - 日販/青山ブックセンター六本木店跡地に入場料1500円の本屋「文喫」
■文喫 六本木
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1階
営業時間:9時~23時(L.O.22時30分)
店舗面積:約482m2
定休日:不定休  
席数: 90席
入場料:1500円(税抜)
公式サイト:bunkitsu.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方