流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオンタウン旗の台/ウエルシア・ビオセボン出店で健康強化、年間来館目標68万人

2022年12月19日 11:58 / 店舗レポート

イオンタウンは12月17日、東京都品川区旗の台にショッピングセンター「イオンタウン旗の台」をグランドオープンした。

<イオンタウン旗の台>

東京都品川区の南西にある、東急大井町線・池上線の「旗の台駅」東口改札前に位置しており、地元住民が頻繁に利用する「旗の台東口通り商店街」と隣接する。来館者数の想定は、1日当たり平日で1600人、土日祝は2400人を見込み、年間で約68万人を目標としている。

<ヘルス&ウエルネスの店舗集積>

コンセプトは「ウエルネス ステーション 旗の台」で、暮らしに彩りと癒しをプラスして地域全体を健康にするというもの。オーガニック食品を取りそろえるスーパーマーケットや調剤薬局併設型ドラッグストア、各種クリニックなど計8店舗を通じて、地元住民から支持されるコミュニティ拠点を目指し、地域と連携する取り組みを積極的に推進していく。

<イオンタウンの富澤部長>

今回の出店について、イオンタウン営業本部 関東事業部 事業部長の富澤照彦氏は、「都市型店舗を展開する柱の一つがヘルス&ウエルネスで、旗の台の立地が魅力的だった。今回の出店は一つの実験となる。顧客ターゲットとしては、東口商店街の先にある昭和大学病院へ通う方や、子育てファミリー世代の足元人口も多いため取り入れたい。通行人が自然と入っていける店づくり、地元住民からも支持される売場づくりを目指す」としている。

また、クリニックを集積させた理由については、「今回は、昭和大学病院のように医療系の土壌があるため、ヘルス&ウエルネスの括りでクリニック系を導入。なおかつウエルシアもある、オーガニックのビオセボンもある、といったように親和性を模索している最中だ。普段から病院近くの土地が空いてるとは限らないため、その周辺立地を探しているわけでは無い」と述べた。

<ビオセボンの八木社長>

一方、ビオセボンの八木盛之代表取締役社長は「東京23区内の閑静なエリアで、かつ健康志向の方が多く、イオンタウンが初出店する立地にわれわれとしても挑戦したかったと考え、出店に至った。ヘルス&ウエルネスのコンセプトで相乗効果も狙い、一緒にやっていけたら」としている。

オーガニック食品スーパー「ビオセボン」がイオンタウンに初出店

<ビオセボン外観>

「オーガニックを日常に」をテーマに品ぞろえしたオーガニック製品を扱う食品スーパーで、現在、東京・神奈川26店舗とオンラインストアを展開している。同店では、メインターゲットとなる30~40代の子育て世代のトレンド動向を考えたラインアップに加え、周辺に病院があることから介護食用途も意識してベビーフードの取り扱いを強化。昭和大学方面の従業員向けの小分け惣菜も取りそろえた。医療関係者向けに健康食品を訴求していく。

このほか、同店の出店に合わせて、再生紙のトップレールや仕切り版を用意。サステナブル意識を強め、水滴の付着する冷蔵ケース内の展示については再生プラを使用している。

<直輸入の独自商品が人気>

直輸入の独自商品が人気で、ECでも売上好調の植物性ミルク「イソラビオ」21種類がそろう。一般的なスーパーに並ぶオーツミルクと比べてもリーズナブルな価格で購入可能だ。このほかのアイテムもイオン共通の調達網を利用することで、オーガニック製品にも関わらず安価での提供を実現した。

<直輸入製品を強化>

チーズの直輸入を強化しており、イタリア現地で小さくカットした製品を毎週航空便で輸入。そのため、ブッラータのように賞味期限が1週間しかもたない商品も販売できる。

<バルクフーズコーナー>

ビオセボンでお馴染みのバルクフーズコーナーも完備。同店では容器の持ち込みが可能になった。少量多品種かつオーガニックなため、ユーザーからの支持を集めている。おうち時間の増加で自宅で作れるポップコーンが人気だ。12月16日~23日には特価セールを実施。

<ウエルシア薬局>

医薬品、化粧品、生活雑貨、食品、処方せん調剤まで幅広く取り扱うウエルシア薬局も出店。シャンプー類やベビー用品など豊富に取りそろえるほか、冷凍食品や氷菓もラインアップする。調剤薬局のオープンは2023年1月3日を予定している。

<2階テラス>

2階のテラスには植栽を施した共有部を設置。イオンタウンの富澤氏は「地域の皆様にコミュニティとして使ってもらいたい、体験会やイベントなどができたら」としている。

<東京の健全な森づくりに貢献>

屋外軒天井に多摩産材などの天然木を使用することで、山村をはじめとする地域経済の活性化など東京の健全な森づくりに貢献。2019年の旗の台駅リニューアルと同様に多摩産材を利用することで地域との一体感も醸し出す。

■イオンタウン旗の台
所在地:東京都品川区旗の台2丁目7-2
連絡先:043-271-1123(関東事業部)
敷地面積:1229m2
延床面積:2041m2
総賃貸面積:1690.39m2
駐車台数:2台
駐輪台数:76台
店舗数:8店舗
構造:鉄骨造3階建て
開店:2022年12月17日
営業時間:ウエルシア薬局8時~23時、ビオセボン9時~21時、マクドナルド 6時~24時ほか
従業員数 約150人
基本商圏:半径1km圏、世帯数約4万1300世帯、人口約7万3400人

■イオンタウンの関連記事
イオンタウン旗の台/品川に東京23区内初出店、ウエルシア・ビオセボン登場

関連記事

関連カテゴリー

店舗レポート 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧