メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日販/7月は1.4%減、コミックは12カ月連増

2019年08月07日月次

日本出版販売が発表した2019年7月の雑誌・書籍・コミック売上動向によると、雑誌・書籍・コミック合計売上は前年同月比1.4%減となった。

月刊誌は2009年10月以来、9年9カ月ぶりの前年超えとなった。コミックは12カ月連続の前年超えとなり、堅調を維持している。

雑誌は2.2%減だった。月刊誌は、宝島社の「In Re 8月号」(付録:ムーミン「リトルミィ」夏の9点セット)や、「大人のおしゃれ手帖8月号」(付録:リサ・ラーソン 大人シックな保冷バッグ3点セット)といった女性誌の人気付録号が売上を牽引した。

好調の要因としては、定価アップのほか、日販の売上上位銘柄を対象とした雑誌拡販施策「Premier M」への取り組みの結果が挙げられる。

「Premier M」は、書店に向けて特集や付録の情報を事前共有し、店頭告知物を提供するといった売場支援施策を採用。7.0%増と大きな伸張を見せた。

書籍は2.1%減。文芸書、ビジネス書、学参の3 ジャンルで前年を上回った。

コミック1.5%増。「ONE PIECE 93(尾田栄一郎/集英社)」「ワンパンマン 20(村田雄介/集英社)」などジャンプコミックスが売上に貢献した。

開発品は4.6%減となった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方