流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





牛丼3社/6月既存店売上高、客数そろって減少

2020年07月10日 14:50 / 月次

牛丼チェーン大手3社が発表した月次報告(速報)によると、6月の既存店売上高は、すき家前年同月比8.7%減、吉野家12.3%減、松屋フーズ16.8%減となった。

3社そろって客数が大きくダウンし、既存店売上高、全店売上高ともに減少した。

各社の業績は次の通り。

<すき家店舗>

■すき家
既存店売上高8.7%減、客数9.9%減、客単価1.3%増。
全店売上高7.9%減、6月末店舗数は1939店。

■吉野家
既存店売上高12.3%減、客数18.9%減、客単価8.1%増
全店売上高売上高11.0%減、客数17.7%減、客単価8.1%増。5月末国内吉野家店舗数1217店。

■松屋フーズ
既存店売上高16.8%減、客数20.2%減、客単価4.2%増。
全店売上15.3%減、6月末店舗数は1197店(松屋965店、とんかつ198店、その他34店)。

松屋フーズの既存店売上高は、牛めし事業店のみを、全店売上高は全業態の売上を対象としている。

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧