小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

機能するリアル店舗とは/理論と事例で学ぶVMDセミナー

セミナー/2019年08月19日

マーケティング研究協会は9月9日、「理論と事例で学ぶVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)~その売場、本当に機能していますか?~」を開催する。

消費環境、競争環境の変化により、リアル店舗の意義が問われている。その環境下、販売力を高める手法としてVMDが注目されている。新業態や新ブランドを投入する際に新たな考えを導入されたり、専門チームやシステムを構築し高位平準化を図ったり、PDCAを繰り返す中で独自のノウハウを蓄積したりと、新しい手法や技術も開発され、活発な取り組みが行われている。

しかし、VMDは「ディスプレイ技術」という狭義の意味合いで捉えられている場合が多く、店舗運営の戦略として理論的かつ体系的な考え方が現場や組織に浸透していないことが大きな課題となっている。

セミナーでは、VMD戦略の基本的な考え方を押さえた上で、成果に繋がる売場の企画・運営のポイントを解説する。店舗や売場を企画する立場の方、マネジメントやサポートする立場の人など、売場改善に課題を感じられている人にとってヒント満載のセミナーを提供する。

これまでの参加者からは、「VMDはアパレル業界でのディスプレイ手法と思っていたが、この業界でも使える店舗での販売技術だと気づいた。このVMDの考え方を活かすことで、スタッフによる接客販売もより効果が増すと実感した」(化粧品メーカー)、「売場で活用する什器やPOPの制作をしているが、マンネリ化が課題となっていた。売場提案の方法について目からウロコの連続だった。あまりにもメーカー都合の売場企画だったと反省した」(食品メーカー)といった声を得ている。

また、「ディスプレイ手法や演出手法を教えてくれるVMDセミナーには数多く参加してきたが、売場をマネジメントする方法を教えてくれたセミナーははじめだった。悩んでいたことに対しても多くのを得ることができた」(小売業)、「VMDは、センス・感性と思っていたが、ロジック・理論を教えてもらえたことで、社内の説得に役立ちそうだ。PDCAの考え方や効果検証の手法まで紹介してもらい、多店舗の売場管理トする上でのヒントがあった」(SPA)という声もあった。

■開催概要
日時:9月9日(月)13:00~17:00
会場:マーケティング研究協会セミナールーム
アクセス:飯田橋駅徒歩10分
http://www.marken.co.jp/map.jpg
受講料:43,200円(税込)飲み物などを用意している。

■詳細・申込み
http://www.marken.co.jp/seminar/2019/09/vmd_2.php

■プログラム
1.イマ求められる店舗とは?~リアル店舗の現在~
・店づくり、売場づくりの潮流2020年に向けた動き
・どのように同質化から抜け出すか?好業績店舗と低迷店舗の差とは?
・来店促進と販売促進と狙う!店舗の差別化手法
・お客様の購買行動とVMDによる買い物のきっかけづくり
・限られた費用、限られた人員で実現する売場提案の工夫

2.VMDのルールとマニュアル~考え方から具体的手法まで~
・VMDの成果って何?VMDによって変えられる3つの数値
・お客様の買い物に沿った3段階の仕掛け(VP・PP・IP)
・VMDのレベルを高める編集力・変換力(MD・SP・SD・DSP・POP)
・限られたスペースでのVMD展開のセオリー
・ブランディングのためのVMDと売るためのVMDの大きな違いと誤解

3.VMDを活かした販売力を高めるポイント~お客様に買い物を科学する~
・お客様の買い物思考と右脳(感覚的価値)と左脳(機能的価値)
・モノを売る原点!お客様に伝えるべき価値とは?
・ディスプレイでお客様に伝えることができる7つの要素
・商品特性や魅力を伝える陳列と演出のパターン
・モノ?コト?VMDの考えに基づいたPOPのメッセージの見直し

4.事例で学ぶ!ハウツーVMD~BEFORE→AFTER~
・費用もスキルもなくても簡単に出来る売場のレベルアップ

5.VMDの店頭マネジメント~効率的多店舗マネジメント~
・限られた人員体制で実現する!組織的な仕組みとスタッフの業務とスキル
・企画者(本部)と実行者(店舗)のズレは何故発生するのか?
・売場写真共有の落とし穴!VMDの実現レベルを高める仕組みと仕掛け
・効果検証手法とは?費用対効果とは?PDCAによる改善手法と留意点
・これからの店頭はどうなる?デジタル技術を駆使した最新VMD

■講師
深澤 智浩氏
深澤企画コンサルティングオフィス代表
大手アパレルメーカーにて、伊勢丹新宿店などの旗艦店のショップマネージャーを歴任した後、ブランドのヘッドマネジャーとして全国のVMD戦略を統括。その後、さまざまな業態や商品の店頭戦略を学び、深澤企画を設立した。
アパレル以外の領域にVMDを展開する第一人者のひとりとして、店頭戦略(VMD・ディスプレイ・ブランディング)のコンサルティングや企業内研修でも指導にあたり人材育成にも注力。お客の買い方をベース提案手法の開発は、「目新しい」「気づきが多い」「成果に繋がる」と定評である。直近では新コンセプトショップの開発業務も多く、指導先としても、化粧品メーカー、スポーツメーカー、バラエティストア、ショッピングビルなど多数。

■問い合わせ
マーケティング研究協会
TEL:03-5227-5711

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧