小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ラッシュ/新宿にアジア最大規模の旗艦店、デジタル体験を強化

店舗/2019年05月31日

LUSH(ラッシュ)は6月1日、アジア最大規模の旗艦店「ラッシュ 新宿店」をオープンする。

<限定化粧品アイテムなどがそろう>
限定化粧品アイテムなどがそろう

「ラッシュ 新宿店」では、新メイクアップラインやスキンケア、ヘアケア、パフュームライン、書籍やレコードなど同店舗でしか購入することができない多岐にわたる商品をそろえた。

合計500種以上の限定化粧品アイテム、バッグやTシャツ、フラワーブーケや鉢物、本、Lush Partyなどの商品やサービスも含めると合計600種以上、定番商品も含めるとその数は1200種以上となっている。

様々なデジタルツールをリテールの空間に取り入れることで、いつもの買い物がより楽しく、人の感覚やムードにフォーカスしたインタラクティブな体験を用意した。

ラッシュが自社開発した「ラッシュ ラボ アプ)」(iOS、Android対応)で、プラスチックゴミの削減を目的にパッケージを脱ぎ捨てた商品をスキャンすることで、AI(人工知能)のマシーンラーニング機能により、商品の詳細情報が閲覧可能となる。

ラッシュでは、これをパッケージの進化を意味する「デジタルパッケージ」と考えている。

新たに始めるフラワーサービスやテーラーメイドのパーティーの時間といった同店でしか体験できないサービスを含め、 全ての人を対象にしたラッシュの究極の体験を多数取り揃えている。

また3階には、バスアートにインスパイアされたジェネレーティブ・アートのムードを変えるインタラクティブコンテンツを用意した。

利用者は、あらかじめ用意されたなりたいムードを選択すると、そのムード別に設定された色やジェネレーティブ・アートと、深度センサーが捉えた人の位置や動きが連動し、2.5メートルの湾曲した壁の上に色と動きを作り出し投影する。

4階は、これまでにないラッシュのスパを体験できるフロアとして8月下旬オープンする。

従来の個室で行う10種類のトリートメントに加えて、4階のショップフロアの空間にトリートメントのスペースがデザインされる。

忙しい日々を送り、なかなか時間が取れない人でも、待ち合わせ前や買い物の合間、ランチタイムや仕事帰りにも受けられる、30分間の新しいチェアトリートメント2種類が登する。

事前予約については9月1日以降分のトリートメントを対象に、6月1日より受付を開始する。

■LUSH 新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-26-6 FFビル
https://jn.lush.com/content/shop-shinjuku

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧