メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ドラッグストアのインバウンド消費/4月四国の菓子メーカー2品トップ30入り

2019年05月31日月次

True Dataは5月31日、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年4月のインバウンド消費動向調査を発表した。

<ドラッグストアのインバウンド消費動向>
ドラッグストアのインバウンド消費動向

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、4月の訪日外国人数は単月として過去最高の292万7千人を記録した。

ドラッグストアにおけるインバウンド消費1店舗あたりの購買件数は1055件、前年同月比で29.2%減少したが、1レシートあたりの購買単価は1万6471円で9.1%増加した。

商品別にみると、資生堂「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク」(60ml)、2位参天製薬「サンテFX ネオ」(12ml)、3位DHC「薬用リップクリーム」(1.5g)と続いた。

<四国のお菓子メーカーの商品がランクイン>
四国のお菓子メーカーの商品がランクイン

個別商品の売上個数ランキングでは「野村 ミレービスケット」が初めてトップ30入りした。

製造している野村煎豆加工店は、「チーズおやつ」(15位)の扇屋食品と同じく四国のメーカー。インバウンド消費においては、国内で必ずしもトップシェアではない地域のお菓子メーカーにも、上位入りするチャンスがあると考えられる。

<2019年4月インバウンド消費売上個数ランキングTOP30>
2019年4月インバウンド消費売上個数ランキングTOP30

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方