小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スシロー/都心出店強化「山手線 出店場所総選挙」開催

経営/2019年05月13日

あきんどスシローは5月13日~6月12日、SNSキャンペーン「#山手線にスシローつくろーぜ 出店場所総選挙」を開催する。

<#山手線にスシローつくろーぜ 出店場所総選挙>
#山手線にスシローつくろーぜ 出店場所総選挙

同社は、今後の出店戦略として「都心進出強化」を掲げ、2019年下期(4~9月)から首都圏主要路線沿線を中心とした都心部への出店を加速する。

都心部での知名度アップと、物件の確保に向けたオーナーへのアピール策として、消費者参加加型のSNSキャンペーン「#山手線にスシローつくろーぜ 出店場所総選挙」を実施。

スシローを作ってほしい山手線の駅に投票すると、投票者の中から抽選で500人に食事券2000円分が当たる。

また、「都心の環状線をまるごと回転すしにした巨大交通広告」を5月下旬より展開する。

<水留浩一社長>
水留浩一社長

5月13日に開催された2019年下期事業戦略発表会で、水留浩一社長は、「2019年上期は売上、利益ともに過去最高を記録し好調だったが、これからも守りに入らず攻めの戦略で行く。下期はグループ全体で50店、来期も50店超の出店を予定している。都心型店は、年間10店以上の出店を目指す」と説明した。

<都心型店を強化>
都心型店を強化
※出典:2019年5月13日下期事業戦略発表会資料

現在、都心には繁華街エリアの地下に「南池袋店」、外国人観光客も多い「上野店」、住宅地に近い「高田馬場店」、商業ビルの9階にある「高田馬場店」の4店展開している。

小河博嗣執行役員は、「郊外型と都心型の両輪で出店を加速する。都心型店は、思ったより早く郊外型店レベルまで採算が取れてきている。近くにスシローがないから行ったことがないというお客様の声に応え、都心の出店を強化。広告やキャンペーンで都心での知名度をあげ、物件オーナーにもアピールしていく」と述べた。

■山手線にスシローつくろーぜ 出店場所総選挙
http://www.akindo-sushiro.co.jp/campaign/yamanotesen

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧