メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

モスフード/テイクアウト用「紙バッグ」無料提供を継続

2020年06月25日経営

モスバーガーを運営するモスフードサービスは6月25日、テイクアウト用「紙バッグ」の無料提供を継続すると発表した。

<テイクアウト用「紙バッグ」を無料提供継続>
テイクアウト用「紙バッグ」を無料提供継続

7月1日から始まるプラスチック製買物袋の有料化制度に対し、有料化対象外の素材を使用しているため、これまで同様に無料で対応するもの。

モスバーガーでは、2006年7月1日からプラスチック製買物袋の削減を目指し、全店で紙バッグを採用。2012年には、紙バッグ採用後に雨天時用として導入したバイオマスプラスチック配合のレジ袋の配合率を10%から90%以上に仕様変更し、石油資源の使用をできるだけ減らすことに努めている。

2006年の紙バッグへの変更当時、それまで年間で4478万枚のプラスチック製レジ袋を使用していたが、これを紙バッグに変更したことにより、年間で約352キロリットル相当(ドラム缶約1760本分)の石油資源(原料石油換算)の使用を低減した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方