小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

味の素/24億円投じ、タイの調味料生産拠点強化

味の素は、連結子会社のタイ味の素が、8億タイ・バーツ(約24億円)を投じて、タイ王国サラブリ県にあるノンケー工場の風味調味料「Ros Dee」(ロッディー)の生産能力を増強する、と発表した。

<ロッディー>
ロッディー

タイの風味調味料市場は、中間所得層の拡大を背景に、家庭での使用頻度の増加による世帯当たりの使用量の増加と、屋台を中心とした外食市場での使用機会の拡大により、過去5年間で約1.3倍の約7万トンの規模に拡大し(2015年度同社推定)、今後も一層の市場拡大が見込まれる。

「Ros Dee」は、1979年に発売した風味調味料で、現在4品種を販売している。

畜肉の風味を料理に付与する、汎用調味料として炒め物やスープなどに使用されている。

積極的なマーケティング活動と家庭料理の幅広いメニューへの用途訴求に加え、外食市場の開拓により、販売量は2011年度以降、年平均5%以上伸長し、タイ国内でトップシェアを維持しているという。

<タイ味の素ノンケー工場>
タイ味の素ノンケー工場

今後も見込まれる需要増に備え、タイ味の素は、ノンケー工場の生産設備の増設と包装工程での自動化による生産効率の向上により「Ros Dee」の生産能力を約40%増強。

また、異物混入防止やトレーサビリティ強化のための設備を充実させ、品質管理をさらに徹底する。

2017年8月稼働開始予定。

風味調味料事業の更なる拡大を図り、味の素グループの海外コンシューマーフーズ事業最大拠点であるタイにおいて事業拡大を加速していく。

関連記事

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧