メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ゲンキー/利益を上方修正、配当を増額

2016年11月24日決算

ゲンキーは11月24日、2017年6月期第2四半期と通期の業績予想を修正した。

第2四半期は、売上高410億円(前回予想比-)、営業利益16億8000万円(36.6%増)、経常利益17億8000万円(33.8%増)、親会社株主に帰属する純利益は11億7500万円(36.6%増)と大幅増に修正した。

通期では、売上高860億円(-)、営業利益33億1000万円(15.7%増)、経常利益35億2000万円(14.7%増)、親会社株主に帰属する純利益23億3500万円(15.6%増)に修正した。

売上総利益率のコントロール、本部集約による店舗作業の標準化・単純化で、販売費及び一般管理費の抑制ができ、各利益とも当初予想を上回る見込み。

さらに、第2四半期末と期末配当予想をそれぞれ1株当たり15円から5円増配し、20円とし、1株当たりの年間配当予想は、30円から40円となる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方