メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オンワードHD/3~11月は売上高8.1%減、営業利益0.6%増

2017年01月06日決算

オンワードホールディングスが1月6日に発表した2017年2月期第3四半期決算は、売上高1804億1000万円(前年同期比8.1%減)、営業利益52億9100万円(0.6%増)、経常利益59億6600万円(6.2%減)、当期利益70億2500万円(17.8%増)となった。

国内事業は、経営資源の集中を進めたEコマース事業や、オンワード商事、チャコットが増収増益となったが、主力の百貨店事業が苦戦したことにより、全体としては減収減益となった。

欧州事業は、英国のジョゼフLTD.がポンド安の影響を受けたことなどにより減収となったが、オンワードラグジュアリーグループS.P.A.が生産基盤を拡大して堅調に推移したことにより、増益となった。

アジアと北米事業は再編が進み、業績の改善をした。これにより、アパレル関連事業全体としては減収増益となった。

通期は、売上高2470億円、営業利益40億円、経常利益50億円、当期利益43億円の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方