小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソンストア100/累計550万個突破「100円おせち」最多32種販売

ローソンストア100は12月25日、全国のローソンストア100(10月末現在774店)で「100円おせち」を販売する。令和初の100円おせちとして、新商品4品を加え史上最多となる全32種類を展開。ますます多様化するニーズに対応する。

今年は、豚の旨煮、お煮しめ、海鮮サラダ、くるみ甘露煮と新たに投入した。

<100円おせち>
100円おせち

■おせちは「作る時代から買う時代」に

おせち料理は買った方が経済的でお手軽という理由から、「作る時代から買う時代」へシフトしている。時代の追い風を受け、「100円おせち」は2018年度、対前年比30%増となる約115万個を販売、過去最高の実績となった。2012年度からの累計では約550万個を突破した。

今年は、消費増税後初のお正月となり、軽減税率の対象となる「おせち」を家族で囲む傾向が強まると予想されている。

「100円おせち」は、おせちの定番である蒲鉾(かまぼこ)、伊達巻、黒豆、昆布巻、栗きんとんなどを少量パックで販売しており、好きな物を必要な量だけ購入できる。高齢化・核家族化・単身世帯の増加など多様化するライフスタイルに対応し、家族それぞれが自分の好物を選べるなどカスタマイズも楽しめる。

今年はさらに「100円おせち」の人気が高まると考え、2018年度の1.2倍となる約138万個の販売を見込む。

<100円おせちの販売推移>
100円おせちの販売推移

手軽で便利なだけではなく、「品質」と「美味しさ」を追求している「100円おせち」には、コストダウンの努力や工夫もある。

例えば、「伊達巻」は秋冬になるとオフシーズンになるちりめんじゃこの工場で製造し、「栗きんとん」は春夏に「ゼリー」を製造している工場で製造する。オフシーズンの工場をフル活用することで100円で高品質な商品を実現した。

今年の新商品「豚の旨煮」「お煮しめ」「海鮮サラダ」の3品は、製造から包装、在庫、物流までを1カ所の工場に集約し、物流コストを軽減。パッケージを共通にしてコストダウンを図った。

「くるみ甘露煮」「田作り」「えび甘露煮」「わかさぎ」などは、形やサイズが不ぞろいなものも選別せずに商品化することで、100円を実現した。見た目のバラツキはあるが、老舗メーカーで製造し味に自信がある。

合計で毎年20万本以上を販売している「御蒲鉾赤板・白板」は、大量発注・大量販売を1年前からメーカーに約束することで100円を実現した。

<100円おせち全32種類ラインナップ>
100円おせち全32種類ラインナップ

今年は、料理研究家小林睦美さんを起用し、ライフスタイルに合わせた盛付を提案。子どもと大人の家族でおせちを囲む家庭、単身や夫婦ふたりの世帯、おせちを囲む日数など、ライフスタイルが多様化していることに対応する。

「100円おせち」全32種類を使用した「豪華三段重おせち」や「令和ファミリーおせち」(各税込3456円)、御蒲鉾赤板、伊達巻、栗甘露煮、味付け数の子、一口鰊昆布巻、寿なると、寿なると赤、なます漬、黒豆を使用した「ワンハンド原宿風おせち」(972円)を提案。

海鮮サラダ、御蒲鉾白板、御蒲鉾赤板、厚焼きたまご、炙り焼き合鴨スライス、切り千枚を使用した「洋風ワンプレートおせち」、お煮しめ、御蒲鉾赤板、御蒲鉾白板、伊達巻つぶつぶ栗きんとん、鰊昆布巻を使用した「和風ワンプレートおせち」、豚の旨煮、くるみ甘露煮、御蒲鉾紅白(鯛入り)、ふぐ蒲、えび甘露煮、いか黄金「中華風ワンプレートおせち」(各648円)も提案する。

<豪華三段重おせち>
豪華三段重おせち

好きなものを必要な分だけ買える「100円おせち」だからこそ、それぞれのライフスタイルに合わせて、自由に楽しめるという。

「100円おせち」サイトでは、ひとつひとつ丁寧に作られている「100円おせち」の製造工程の動画、ライフスタイルに合わせた盛り付けのポイントを公開している。

■「100円おせち」サイト
https://store100.lawson.co.jp/special/osechi/201912/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧