流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/おせちの予約受付開始、計6種ラインアップ

2022年09月26日 11:35 / 商品

セブンーイレブン・ジャパンは9月26日、2023年の「おせち」予約受付を、全国のセブンーイレブンとセブンミールで開始した。

2023年の正月は、人が集まる機会も増える一方、「おうち」にて少人数で過ごしたいというニーズもあり、過ごし方の多様化が見込まれる。それぞれの過ごし方に合わせ、こだわりの具材を詰め合わせた定番の三段重から、食べきりサイズの一段重まで、計6アイテムを取りそろえた。

<速水もこみち監修おせち 招宝>

「速水もこみち監修おせち 招宝」(税別1万1000円、1~2人前)は、料理に定評のある速水もこみち氏が監修。おせちの定番具材から、「阿波尾鶏の香草焼き」や「メカジキのエスカベッシュ」などの洋風の具材までそろえた。

<国産おせち一段重 雅>

「国産おせち一段重 雅」(2万2000円、1~2人前)は、全て国産の具材を用いた本格志向のぜいたく品。三陸産蝦夷鮑うま煮、都城和牛ローストビーフなど21品目が並ぶ。

<和のおせち 明璃>

「和のおせち 明璃」(6000円、1人前)は、食べきりサイズの手軽な一段重。おせちの定番具材を1人前の量目で詰め合わせた。

<加賀屋監修 おせち二段重>

「加賀屋監修 おせち二段重」(2万円、2~3人前)は、明治から100年以上の歴史を誇る加賀の老舗旅館「加賀屋」の宇小総料理長監修のおせち。北陸ならではの「蛍いか」や「白エビ」など、能登半島の味わいを提供する「加賀屋」ならではの具材を詰め合わせた。

<アルポルト片岡シェフ監修 和イタリアン おせち二段重>

「アルポルト片岡シェフ監修 和イタリアン おせち二段重」(2万円、2~3人前)は、イタリアンの名店「アルポルト」のオーナーシェフ片岡 護氏監修のおせち。和食とイタリアンを融合させた具材、メニューをそろえ、幅広い年代の人が食べられるように仕立てた。

<寿 おせち三段重>

「寿 おせち三段重」(1万8000円、3人~4人前)は、正月を彩る、華やかな具材を幅広く取りそろえた定番おせち。

■関連記事
セブンイレブン/クリスマス商品全61品の予約開始9月19日から

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧