流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





青山商事/バッグになる「ジャケット」買物時のマイバッグ需要を見込む

2021年04月22日 12:10 / 商品

青山商事は4月23日、バッグに変わるジャケット「エコバッグジャケット」(税込1万4300円、サイズ:S~LL)を、「洋服の青山」の170店とオンラインストアで発売する。

<エコバッグジャケット>

買い物バッグとしても使えるジャケット。背中に取り付けたファスナー付きポケットから袋状になっている中生地を取り出し、その袋地の中にジャケット自体を収納することでバッグになる。青山商事によると、バッグに変えられるジャケットは業界初という。

<買い物バッグとしても使うことがきる>

素材はポリエステル100%で、高い防シワ性を持ち、バッグからジャケットに戻した時にもシワになりにくい。ジャケットの表地は、はっ水水加工を施しており、着用時には雨水を弾く。バッグ形状では、表地がバッグの中生地(裏地)になるため、物を入れた時の水滴も弾くことができる。

ジャケットとしての軽さと動きやすさ、着心地のよさもこだわったとしており、カラーはブラック・カーキで展開する。自宅での洗濯もできる。

同じ生地のパンツ(税込6490円、サイズ:76cm~88cm)も用意。パンツをそろえることでセットアップスーツとしても使える。パンツは、ベルトループを取り付けない仕様のカジュアルな印象のタイプで、ビジネスカジュアルスタイルで取り入れやすいデザインに仕上げた。

青山商事では、買い物時にマイバッグを持参する消費者が増えていることから、仕事帰りのちょっとした買い物に便利に使えるアイテムとして提案していく。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧