流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





はま寿司/受付自動発券機のモニター「非接触」に変更

2021年10月06日 11:40 / IT・システム

はま寿司が展開する100円寿司チェーン「はま寿司」は10月6日、新型コロナウイルス感染症への対策として、全国546店舗でレジ前に設置している受付自動発券機のモニターを、非接触モニターに変更したと発表した。

<受付自動発券機>
受付自動発券機

不特定多数のお客が触れる発券機に、直接触れずに操作できる「非接触機能」を追加することで、高まる非接触ニーズに対応するとともに、お客がより安心して利用できる店舗づくりを進める。

<非接触モニターのイメージ>
非接触モニターのイメージ

はま寿司では、お客と従業員の安全を第一に考え、体調管理・手洗い・消毒の徹底、飛沫防止の仕切り設置、マスク着用の義務化、店内と厨房の消毒実施、レジ前の飛沫防止シート設置、常時店内換気などの取り組みを実施している。

また、現在約7割の店舗で導入している、注文品のみがスピーディに手元に届くストレートレーンの拡大も順次、進めている。今後も感染対策を強化し、お客がより安全に利用できる環境づくりに取り組む。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧