流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





平和堂/HOPカード購買データをヘルスケアに活用した実証実験

2021年10月21日 13:00 / 販促

平和堂は10月21日~2022年2月28日、食事管理アプリ「SIRU+(シルタル)」を開発するシルタスと連携して、健康寿命の延伸を目的とした実証実験を滋賀県内の平和堂全77店舗で実施する。

<実証実験の概要>
実証実験の概要

実証実験は、買い物データから食事管理をするアプリ「SIRU+」と、平和堂オリジナルポイントカード「HOPカード」の購買データを連携し、食料品の買い物傾向から分析した栄養バランスをもとにお客へ最適な食材やレシピを提案することで、よりバランスのとれた食生活へ導くことを目指す。

また、この実証実験は、滋賀県の令和3年度の「滋賀県近未来技術等社会実装推進事業」に採択されている。

買い物という普段の生活のなかで手軽に食事の栄養バランスを把握し、健康意識や購買意識を変えるきっかけを提供することで、店舗が「買い物の場所」だけではなく「健康になれる場所」となるよう、新しい買い物体験の創出や地域の健康づくりをサポートするという。

<SIRU+>
SIRU+

SIRU+は2019年3月からサービスを開始した、スーパーのポイントカードなどに紐づく購買履歴から栄養の偏りを可視化し、栄養バランスが整う食材やレシピをおすすめするスマートフォンアプリ。アプリを活用することで、利用者はアプリを介して栄養アドバイスを受けることができ、スーパー側はお客の健康ニーズにマッチした食の提案ができる。

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧