メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

飲食店倒産/2020年は780件で過去最多、酒場・ビヤホールが189件

2021年01月07日経営

帝国データバンクは1月6日、2020年(1月~12月)の飲食店事業者の倒産動向について集計・分析結果を発表した。

<2020年は780件で過去最多の倒産件数>
2020年は780件で過去最多の倒産件数

2020年における飲食店事業者の倒産は780件発生し、過去最多の水準となった。

業態別で見ると、「酒場・ビヤホール」が189件(構成比24.2%)で最多。次いで、「中華・東洋料理店」(105件、構成比13.5%)、「西洋料理店」(100件、同12.8%)、「日本料理店」(79件、同10.1%)となっている。

負債規模別で見ると、「5000万円未満」が620件(構成比79.5%)で最多だった。

一方、負債50億円以上の倒産は2013年以降8年連続で発生していない。

データは、飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、法的整理かつ負債1000万円以上を対象としている。

■問い合わせ先
帝国データバンク 
東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 
FAX:03-5919-9348

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方