小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ウエルシア/3~11月、改装・調剤売上増の効果で売上高12.5%増

ウエルシアホールディングスが1月9日発表した2019年2月期第3四半期の連結決算は、売上高5790億2200万円(前年同期比12.5%増)、営業利益196億8100万円(0.3%増)、経常利益215億8800万円(1.9%増)、純利益131億1100万円(0.1%増)となった。

<品目別売上高>
品目別売上高

既存店の改装などウエルシアモデルの積極的な推進、24時間営業店舗の拡大(11月末現在184店舗)、調剤併設店舗の増加(11月末現在1244店舗)による調剤売上の伸長などにより、既存店の売上高は好調に推移した。

また、東北・近畿を重点出店エリアとし、グループ全体で83店舗の出店と17店舗を閉店。

一本堂の41店舗を加え、2018年11月末のグループの店舗数は1800店舗となった。

<グループ店舗>
グループ店舗

2019年2月期通期の連結決算は売上高7800億円(前期比12.2%増)、営業利益318億円(10.3%増)、経常利益341億円(10.3%増)、純利益190億円(10.7%増)を予想している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧