メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ナチュラルローソン/具材とベースを「選べるスープ」

2021年10月15日商品

ローソンは10月19日、首都圏のナチュラルローソン(137店舗、2021年9月末時点)において、好みのスープと具材をカスタマイズして楽しめるスープ2品と具材3品を発売する。

<具材とベースを「選べるスープ」>
20211015lawson 728x459 - ナチュラルローソン/具材とベースを「選べるスープ」

日々の食事を自分好みに自由にカスタマイズしたいというニーズに応える同シリーズは、ベースとなるスープと具材の組み合わせ6パターンできる。その他に、スープに好みのおにぎりを入れてリゾットにしたり、具材を他のスープ商品や麺類に追い具材として追加したりなど店内の他の商品と自由に組み合わせて楽しめる。

選べるスープシリーズは、シリーズのスープ1品と具材1品のセットにおける食塩相当量を3.4g以下に設定。タンパク質や食物繊維、野菜の摂取量など栄養面に配慮した商品となっている。

ベースとなるスープは、ベーコン、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、セロリなどを炒め、トマトを加えて煮込んだ「ミネストローネ」(税込218円、1食当たりの食塩相当量2.4g)と、ブーケガルニ(香草類)を煮出し、かつお、野菜を濃縮した「野菜だし」で作った「ポトフ」(200円、1食当たりの食塩相当量2.56g)がそろう。

具材は鶏肉、ひよこ豆、赤いんげん豆、大豆、ゆで卵と、タンパク質がとれる具材の組み合わせにブロッコリー、水菜を合わせた「蒸し鶏」(350円、1食当たりの食塩相当量0.78g)が登場。大豆、ひよこ豆、赤いんげん豆の3種の豆をメインに、セミドライトマト、ベーコン、ほうれん草、モッツァレラ入りの「豆」(350円、1食当たりの食物繊維量4.3g、1食当たりの食塩相当量0.49g)、レタスとかぼちゃ、トマト、にんじん、ヤングコーン、オクラで1食分の野菜(128g)がとれる仕立ての「野菜」(350円、1食当たりの食塩相当量0.26g)を販売する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方